翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の新しい順)


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

月イチ更新

2014/08/24[日]《 翻訳修行 》
 6月、7月と修羅場が続いたので、今月はいくらか仕事をセーブしようと思った。

 今月は、中規模の英訳案件の依頼が2件あった。いずれも、いついつまでとあらかじめ納期を指定するのでなく、最短でいつなら納品できるかと問い合わせる形で打診が来た。上のようなわけで、佐吉はそれぞれに対して普段以上にたっぷり余裕を見込んだ納期を提示した。「ダメならダメでいいや」と思ってのことだったが、意外にも2件ともOKの返事があった。各々のクライアントは某公的研究機関と某大学で、どちらも(こんなふうに)日本語としては座りの悪い関係代名詞的なものをいっぱいぶら下げたアカデミア独特の文体だったが、それでも、企業文書にしばしば見られる破綻した日本語や英語よりは与しやすかった。そんなわけで、今月は多少ゆとりを持って仕事を進めてきた佐吉なのである。

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-137.html edit

2014/08/24 14:54 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

今年も参戦

2014/07/26[土]《 翻訳修行 》
 アメリアの翻訳トライアスロンに今年も参戦した。例によって、いや、いつにも増して時間が取れず、さすがに今年は参加を諦めようかと思っていたのだが、締め切り前日の24日が納期の案件が、取引先AとDから1件ずつあって、23日の夜にそれらを納品したところ、翌朝各々から打診のあった次の仕事が、幸か不幸か揃って面倒な案件だったので、どちらも断って空いた時間を課題の訳出にあてることにしたのだった。

 第1種目〈出版〉の課題は、米国の作家 William Giraldi の『BUSY MONSTERS』という作品の一節。『BUSY MONSTERS』は一種のメタフィクションで、凝った仕掛けがあちこちに散りばめられた、一癖も二癖もある今風の小説だ。比較的端正な作品が多かったこれまでの課題とはだいぶ勝手が違う。純粋に読者の立場で云えば、決して嫌いではないが、これを訳出するとなると一筋縄ではいかないことは明らかだった。

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-136.html edit

2014/07/26 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

『赤毛のアン』をKindleとkoboで読む

2014/05/04[日]《 PC・インターネット 》
 佐吉はスマホもタブレットも持っていない。必要を感じないのだ。普段、もっぱら家でPCの画面に向かっているのだから、PCでできることはPCでやればいいし、家(仕事)を離れてまで液晶画面とにらめっこしていたくはない。メールを打ったり、ネットでちょっと調べ物をしたり、といった程度ならガラケーで事足りるし、通話もガラケーの方がしやすい。5分おきにSNSをチェックしなければ気が変になるということもないし、どこに行った、何を食べたと、日常を逐一他人に報告する趣味もない。外で仕事をする必要があるときはノートPCを持っていく。これもまたノートPCの方が効率が良い。

 ただし、電子書籍リーダーはあってもいいかな、と思う。出かけた先で、その時々の気分で読む本を選べたらさぞ便利だろう。とは云え、これもまだ購入には至っていない。そんなわけで、今のところ、佐吉はPCで電子書籍を読んでいる。

この記事に含まれるタグ : 赤毛のアン 花子とアン 電子書籍 Kindle kobo 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-135.html edit

2014/05/04 15:19 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

『赤毛のアン』をあえて神山妙子訳で読む

2014/04/26[土]《 日記 》
 みなさんご存知のとおり、この春からNHKで、翻訳家村岡花子の半生を描いた連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』が放映されている。

 佐吉家では、細君康文が朝ドラウォッチャーなので、佐吉も少なからず見る機会がある。『ちりとてちん』『あまちゃん』など、佐吉自らが好んで見た作品もある。『花子とアン』についても、かの村岡花子の話ということで、始まる前から関心はあった。正直なところ、現時点ではドラマとして特に面白いとは思えないのだが、それでも今後に期待して見続けている。

この記事に含まれるタグ : 赤毛のアン 花子とアン 電子書籍 Kindle kobo 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-134.html edit

2014/04/26 12:22 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

Logicool G300

2014/03/14[金]《 PC・インターネット 》
上:新キーボード、下:旧キーボード 新しいキーボードはキー入力に関しては快適だったが、ひとつ困ったことがあった。その外形である。これまでのコンパクトタイプからフルサイズに変えたことによって、マウスが遠くなってしまったのだ。その差はわずかにマウス1個分から2個分なのだが、右腕を中途半端に伸ばした姿勢で操作する所為か、右クリックをする際、前腕内側の筋肉に妙な負荷がかかり、1日作業をするとこれまで以上に倦怠感を覚える。今のうちに何か対策を講じておきたい。佐吉は思案した。

 当然真っ先にキーボードを以前のものに戻すことを考えた。しかし、新しいキーボードもそれはそれで気に入っている。これをお蔵入りさせてしまうのは惜しい(そこそこ良いお値段だったし)。できれば他の方法で対処したい。佐吉は無い知恵を絞った。すると、ある突拍子もない考えが浮かんできた。マウスを左手で操作してはどうか、と思ったのだ。いや、むろん、すべてのマウス操作を利き手でない左手でこなすのは無理がある。しかし、マウスを2つにして、操作の一部だけでも左手に任せることができれば、その分右手の負担が減り、延いては右腕の疲労も軽減できるのではないか。佐吉はそう考えたのだった。

この記事に含まれるタグ : キーボード マウス logicool 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-133.html edit

2014/03/14 12:45 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。