翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
細君  ファストフード  ランチ  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

Super フライデー!

2012/10/19[金]《 日記 》
 話は3日前に遡る。以下、康文からの伝聞をさも実際に見てきたかのように話す。

 その日、康文はお花の稽古の帰りに近所のロッテリアに立ち寄った。「Super チーズデー」と銘打ってその日限定販売される、パティ5段重ねの「絶品タワーチーズバーガー」を買うためだ。どうしても食べたいというわけではなかったが、たまたまネットでそのことを知り、「当日近くで用事があるから、そのついでに話のタネに」と思ったのだった。

 実は、佐吉も康文もタワーチーズバーガーの販売が午後2時からということを知らなかった。そのために多くの人が行列を作るとも思っていなかった。つまり、関心を持ったと云っても、所詮その程度でしかなかったということだ。しかし、康文が店に着いたのは2時半を少し回った頃で、期せずしてタイミングは悪くなかった。駐車場はすでに満車だったが、偶然目の前で1台分スペースが空き、待たずに車を駐めることができた。もちろん行列ができていたが、それもびっくりするほどではなく(実際にはすでにある程度捌けたあとだったのだが)、康文はその最後尾に並んで順番を待った。

 ところが、康文の番になる前にタワーチーズバーガーは売り切れてしまった。そのアナウンスを聞いて、まだ並んでいた客の多くが口々に文句を云いながら帰っていった。けれど、もとより今日の遅いランチを調達するために並んでいた康文はそのまま列に残った。人が激減したおかげでその後すぐに順番が回ってきた。結局、康文はエビバーガーと半熟タマてりバーガーを2つずつ買って帰宅した。ちなみに、康文が店を出るときにも、駐車場に入ろうとする車がなお列を成していたそうだ。

 そして今日。今日もたまたま近くに用事があって、康文は昼過ぎにくだんのロッテリアの前を通りかかった。今日は「Super フライデー」と称してエビカツを5段重ねた「エビツリーバーガー」が、やはり限定で販売される。ただし、前回の経験からまた行列になることが予想された。わざわざ並んでまで買おうとは思わなかった。しかし、案に反して店の外に行列ができている様子はなかった。駐車スペースには、またしても1台分だけ空きがあった。結局、そのまま立ち寄り、さほど待たずにエビツリーバーガーを買うことができたのだった(もっとも、康文が買い終えた頃にはだいぶ長い列ができていたようだが)。

エビツリーバーガー さて、その現物がこれである。先に販売されたタワーチーズバーガーは、自立できず、立てようとするとぐちゃぐちゃに崩れてしまう様子がネット上のあちこちで報告されていたが、その点、エビツリーバーガーはちゃんと自立する。とは云え、このままかぶりつくことは不可能だ。仕方なく、佐吉も康文もエビカツ3枚を抜いて2段重ねのダブルエビバーガー状態で食した。もちろん美味かった。ロッテリアのエビバーガーは、先日放送された『お願い!ランキング GOLD ハンバーガー総選挙』でも、モスバーガーのメニューが上位を占める中、唯一3位に食い込んだ人気のあるメニューだ。あるいは2段に減らしたのがかえって良かったのかもしれない。いくら味に定評があると云っても、一度に5枚も食べたらさすがに途中で嫌になっていたかもしれない。

 結局、2人ともランチにはそれで十分だった。抜いたエビカツはもちろん夕飯のおかずに回すことになった。聞きしに勝るボリュームだった。これに懲り……ずに、来週はタワーチーズバーガーのリベンジに行こうかな (^、^
関連記事

この記事に含まれるタグ : 細君 ファストフード ランチ 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-85.html edit

2012/10/19 19:00 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : Super フライデー!


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。