翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
翻訳会社  Trados  コーディネーター  和訳  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

それぞれの思惑

2012/08/22[水]《 翻訳屋稼業 》
前編からの続き)

 そうして取引先Cから具体的な仕事の話が来た。しかし、それは先に打診のあった電子系の案件とは別だった。もちろんここで詳しく話すわけにはいかないが、短期間で大量の文書を英訳しなければならない緊急の案件とのことだった。佐吉にその打診があったのは、単に、先の(電子系の仕事の)打診への返信で、Trados が使えると伝えてあったからにすぎなかった。

 依頼の中身は、ある程度技術的な要素が絡むことは予想されるものの、基本的には法務関係の仕事だった。普段ならまず請け負わない案件だ。が、今回は珍しくその話に興味を覚えた。と云うのは、それが、ネット経由でクライアントの専用プラットフォームにアクセスして作業を行う案件だったからだ。

 佐吉はやったことがないが、社外持出し禁止の文書を扱うためオンサイトで作業する案件があることは知っている。だが、ネットを介してそれと同じ作業ができるとは知らなかった。少なくとも佐吉は経験したことがない。いったいどんな作業なのだろう。報酬云々とは別に、そういう仕事を一度経験してみるのも面白そうだ。と、佐吉は思ったのだった。

 メールは(一斉送信ではなかったが)同じ内容で複数の翻訳者に送信されているらしく、指定された期間内で対応できる量(文字数)を知らせてほしいと書かれていた。なので、万一思わぬ事態(開けてみたら何らかの理由でまるで歯が立たない案件だったとか)が出来しても怪我をしないよう、やや少なめの数字を挙げて、依頼を受けるにやぶさかでない旨返信した。金曜(17日)の午後のことだった。

 その日の夕刻、今度は取引先Aから電話があった。もちろん仕事の依頼だ。

 ぶっちゃけ、取引先Aがメールではなくいきなり電話で連絡してくるのは、どうしてもその案件を請け負わせたいときだ。受ける側にしてみれば、メールなら簡単に断れる案件でも、電話となるとなんとなく断りにくくなる。そのことをちゃんと計算しているのである。

 取引先Aについては、今年の春まで1年以上に渡って携わっていた大型案件の第2弾が近く始まることになっている。しかし、それは来週(8月第4週)以降の話だ。今週(8月第3週)いっぱいは(取引先Bの案件で忙しくて)仕事が受けられない旨、事前に伝えてある。とは云え、そんなことはまるで意に介さないのが翻訳会社だ。いくら「予定があるから受けられない」と云っても、ダメ元で、ときには強引に、打診のメールや電話を入れてくる。あるいはむこうの理屈で云えば、週末は「今週」のうちに入らないのかもしれない。

 仕事は先日請け負った和訳案件の続きだった。これもまた厄介な案件だ。原文はお世辞にも洗練されているとは云えず、加えて、参考資料として渡された他の翻訳者による既訳も決して完成度の高いものではない。前回は、訳語や文体を既訳に合わせるのにかえって余計な手間を取らされた。正直、気乗りがしなかった。佐吉は精いっぱい難色を示した。が、そこはやはり相手のほうが一枚上手。結局根負けして、その仕事を受けることになってしまった。

 こんなことなら取引先Cの案件に手を出すんじゃなかった……と思った。が、もちろんあとの祭。取引先Bの仕事に比較的余裕があったので、この間にちょっと変わった案件を、くらいに考えていた週末が、思いがけず修羅場に変貌するかもしれない。佐吉はまだ夏休み(オリンピック)ボケが抜けきっておらず、本調子と呼ぶにはほど遠い状態なのだが、果たして……と云いつつ、長くなってしまったのでまた次回に続く。ただし、大した結末が待っているわけではないので、あまり過大な期待はせずにお待ちいただきたい。
関連記事

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 Trados コーディネーター 和訳 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-71.html edit

2012/08/22 23:25 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : それぞれの思惑


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。