翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
翻訳会社  トライアル  アメリア  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

忘れた頃に

2012/08/20[月]《 翻訳屋稼業 》
 2年半ほど前、まだどの会社とも契約していないのはもちろん、自分がフリーランスとしてやっていけるかどうかさえわからなかった頃、ほんの腕試しのつもりで、ある翻訳会社のトライアルを受けたことがあった。受けたのはネットで検索してたまたま引っ掛かった会社のひとつで、特に惹かれるものがあるわけではなかったが、佐吉の専門分野である電気・機械系の翻訳者を募集していて、なおかつ常に応募を受け付けていたので、とにかく一度トライアルなるものを経験してみようと思い、メールを送ったのだった。

 結果、トライアルには無事合格した。それが佐吉にとってのはじめての契約になった。合格した旨電話で連絡を受けて「これでオレも晴れて翻訳者だ!」と小躍りしたのを覚えている。

 その後、その会社から何度か仕事の打診があった。レートは案件ごとに設定する仕組みだった。が、有り体に云っていつも残念な数字だった。奇しくもそれとほぼ時を同じくして、アメリアのプロフィール検索経由で今の取引先Aから登録のオファーがあり、トライアルを受験してこちらも合格、ほどなくそこから(より高いレートで)コンスタントに仕事が入るようになったので、結局、くだんの会社からは一度も仕事を受けることのないまま、次第に疎遠になっていった。

 先日、その会社から久々に仕事の打診があった。実は、その後もたまに(複数の翻訳者に一斉送信する形で)仕事の打診はあったのだが、佐吉はそれに一度も返信したことがなかった。相変わらずレートは低めだったし、加えて比較的馴染みの薄いジャンルの案件が多かったのだ。しかし、今回はちょっと事情が違っていた。

 打診があったのは電子系の英訳案件だった。説明を読んだかぎりでは、比較的与しやすそうな仕事だった。定期的にクライアントから発注を受けている案件だそうだが、量そのものはさほど多くない。あるいは、当面はお試し期間ということで、こちらに回す量をセーブしているのかもしれない。が、まあ、そんなことはどうでもいい。問題はレートだ。

 提示された単価は今の取引先AやBと同じというわけにはいかなかったが、それでも、これまでのように話にならないレベルではなかった。取引先AやBと比べてわずかに低い程度。上手い具合に取引先AやBの仕事に余裕があるときに入ってくれれば、埋め合わせとしては悪くない。もちろん、取引先AやBの案件で忙しいときには断ってしまえばいい。そう算盤をはじいた佐吉は、くだんの会社にはじめて仕事を請け負う旨返信した。以降、「くだんの会社」を「取引先C」と呼ぶことにする(笑)。

 そうして先週の金曜(17日)、その取引先Cから実際に依頼のメールがきた……のだが、この先を続けると長くなるので、以降、次回に続く。悪しからず。
関連記事

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル アメリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-70.html edit

2012/08/20 23:31 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments


佐吉さんでも

小躍りするんですね。親近感を覚えました。笑
続き楽しみにしています!

ao_snooker |  2012/08/21 (火) 00:21 [ 編集 ] No.44


あははは……

そりゃしますよ、何せはじめてでしたからね(笑)

記憶は曖昧ですが、たしかその日、祝杯も挙げたと思います 。

この話、続きといっても、この先そんなに面白い展開があるわけではないのですが、それなりに楽しみにしていただければ幸いです。

佐吉 |  2012/08/21 (火) 00:47 [ 編集 ] No.45

コメントを投稿する 記事 : 忘れた頃に


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。