翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
高岡  さいたま  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

日食、そしてさいたまへ

2012/05/21[月]《 日記 》
 ずっと迷っていた。一旦さいたまに戻らなければならないのだが、問題は、そう、日食だ。さいたまに戻れば金環日食が見られるが、ここ高岡では部分日食しか見られない。ところが、天気予報によると、その時間帯、太平洋側は雲が多く、一方で日本海側は晴れる確率が高いという。なまじ日食をどちらで見るか選択できるだけに、ここ数日、天気予報が気になって仕方がなかった。

 検討に検討を(?)重ねた結果、こっち(高岡)で日食を見てからさいたまに戻ることにした。今朝6時過ぎに起きると、天気は思ったとおり快晴。昨夜は細君や義母と近所の見晴らしの良さそうな場所で見ようかなどと話していたのだが、細君の実家の2階からまったく問題なく見ることができた。なので、結局そのまま家の中から観察した。

部分日食 in 高岡 6時50分、かねて用意の観察用眼鏡を通して太陽を見ると、すでに日食は始まっている。太陽の形が思った以上にくっきり見える。試しにコンパクトデジカメで、レンズの前に観察用眼鏡をかざして撮影してみると、これまた案外はっきり写せる。ちなみに絞りは開放(ズームレンズの望遠側でF4.9)で、シャッタースピードはマニュアルで試行錯誤。ピントはカメラ任せ。そうして食が最大になる7時34分に撮影したのが右の写真だ。他人様に自慢げにお見せできる出来ではないが、まあ、記念にはなるだろう。

 観察と同時にTVもチラチラ見ていたのだが、朝の情報番組が伝えるところによると、東京の方でも雲の切れ間から金環日食が見られたという。いきおい、だったらさいたまに戻って、たとえわずかな時間でも、不鮮明でも、金環日食を見たほうが良かったのでは? という考え方も成り立つ。が、後悔の念は湧いてこない。こっちに残ったおかげで、こうして日食の最初から最後まで鮮明に観察することができたわけだし。

 さて、これから荷物を整理して出発だ。そして、さいたまに着いたらいきなり徹夜だ。明日の朝までにあと1万2千字やっつけなればならない。はあ、気が重い…… (´д`)
関連記事

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-53.html edit

2012/05/21 10:39 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : 日食、そしてさいたまへ


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。