翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
佐吉んち  リフォーム  インテリア  ご近所さん  庭いじり  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

トラクターがやってきた!

2012/04/28[土]《 住まい 》
 丸1ヶ月リフォームの話題から遠ざかっていた間に、佐吉んちの内装工事は完了。まだ外壁や屋根の葺き替えなどは残っているが、佐吉たち自身は(実際にはほとんど康文が、だが)少しずつ庭の手入れをしたりインテリアを設えたりしているところ。今日は、リビングと奥の和室に、先日オーダーしたプリーツスクリーンを取り付けてもらった。

前庭より
前庭より
玄関
玄関(左奥がリビング、右奥がキッチン)

 プリーツスクリーンとは、「一枚のスクリーンを畳み上げて、上下に開閉するタイプの窓装飾」(All About インテリアコーディネートより)のこと。蛇腹状の生地を上下に広げたり畳んだりするもので、感覚的にはブラインドに近いが、カーテンに比べて見た目がすっきりしていて、ブラインドやロールスクリーンよりアナログで穏やかな調光ができる。さらに上下で異なる生地を組み合わせることによって、1台(1枚)に光を和らげるレースと遮光性のあるドレープの2つの機能を持たせることができる。

プリーツスクリーン(レース)
プリーツスクリーン(レース)
プリーツスクリーン(ドレープ)
プリーツスクリーン(ドレープ)

 そうして、佐吉たちがこれから最も長い時間を過ごすであろうリビング(兼仕事場?)がひと通り完成した。佐吉たちと自身古民家の再生に強いこだわりのある建築士さんとの間で、ときに意見が(と云うか、趣味が)合わないこともあったが、内装はほぼ満足のいく形に仕上がった。

リビング
リビング(上の窓にはロールカーテン)
リビング
反対側(右側の戸は元の建材を流用)

 プリーツスクリーンの取付作業が終わってこれらの写真を撮っていると、外から農耕機の音が聞こえてきた。出てみると近所の方が訪ねてきていた。実は以前に、そのご近所さんが、裏庭をトラクターで耕してやろうと云ってくれていたのだ。ちなみに、裏庭は家庭菜園にするつもりだ。

華道教室
華道教室
裏庭
裏庭を耕してくれるご近所さん

 以前から、佐吉たちが(大抵は佐吉が仕事をしている間に康文が、だが)前庭や裏庭で何かの作業をしていると、あっちからもこっちからも近所の方が頻繁に声を掛けてきた。気さくというのか人懐っこいというのか、はたまたこの界隈では珍しい他所からの流入者に興味津々なのか、皆さん実に世話好きで、おかげで作業にならないことも珍しくない(と康文は云う)。

 先日も、裏庭に生えていた雑草や庭木を剪定した際に出た枝を片付けていたところ、くだんのご近所さんがいつの間にかやってきて、「ウチの畑で燃やしてあげっちゃ」と云って一輪車であっという間にゴミを持っていってくれた。「トラクターで耕してあげっちゃ」という話になったのもそのときだった。

 作業が終わって、心ばかりのささやかなお礼をした。「いいから、いいから」と何度も固辞されていたが、半ば強引にお渡しした。

 きっと地域によっては他所者に対して冷たい土地もあるだろう。佐吉たちもこの家を購入するにあたってそのことを心配しなかったわけではない。が、どうやらそれは杞憂だったようだ。今日、高岡の最高気温は24℃。外にいるとそれだけで汗ばむようだった。
関連記事

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち リフォーム インテリア ご近所さん 庭いじり 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-46.html edit

2012/04/28 23:52 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : トラクターがやってきた!


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。