翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
アメリア  フェロー・アカデミー  翻訳トライアスロン  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

アメリア「翻訳トライアスロン2011」結果発表

2011/12/26[月]《 翻訳修行 》
 今日、アメリアのサイトで「翻訳トライアスロン2011」の結果が発表された。

 まず、ご存じない方のために簡単に説明しておくと、アメリアとは、翻訳者とその志望者に求人情報やスキルアップの機会を提供する『翻訳者ネットワーク』。翻訳学校大手フェロー・アカデミーが主催している。

 そして「翻訳トライアスロン」とは、そのアメリアが毎年夏に開催している翻訳コンテスト。公式サイトのFAQには、『翻訳をトライアスロンに見立て、7月-出版、8月-映像、9月-実務の3種目で総合翻訳力を競う毎年恒例のイベント』とある。

 佐吉がこのイベントに参加するのは、昨年に続いて今回が2度目。いきなり結果から云うと(って云うか、これを云うと会員の方には実名がバレちゃうんだけど)はじめて参加した前回が総合3位、そして今回が総合7位。ちょっと順位を下げた。

 ちなみに3種目とも参加した「完走者」は、前回が213人で今回が146人。今回は、3種目めの〈実務〉の課題が法律関係の文章だったので、それをとっつきにくいと感じてリタイアした人が多かったのだろう。今回の〈実務〉は他の2種目に比べて極端に応募者が少なく、〈実務〉の応募者数≒完走者数だった。佐吉にとってもいちばんの難関だった。もっとも、それだけに3種目すべてに参加した人たちには、実力なり自信なり意欲なりに秀でた人が揃っているだろう、という推測も成り立つ。

 ともあれ、この結果を自身どう受け止めるべきか。

 昨年の夏はフリーランスになってまだ間もない頃で、佐吉は事実上開店休業状態だった。いきおい、それぞれの課題にもたっぷり時間をかけることができた。きっとそれが前回の好成績の最大の理由だろう。また一方で、いわゆるビギナーズ・ラックも多分にあったに違いない。

 それに対して今年の夏は、頭がどうにかなりそうなくらい忙殺されていた。7月は日替わりで入ってくるさまざまなジャンルの仕事に翻弄され、8月は殺人的な仕事量に睡眠時間まで削られ、9月は悪文だらけの原稿に、悪態をつきながらキーボードに向かっていた。そのあまりのひどさに、翻訳会社のコーディネーターさんに向かって声を荒らげたことさえあった。トライアスロンの課題には、その合間合間に「やっつけるように」臨むしかなかった。

 そんな状況にあってなお10位以内をキープできたのだから、それで良しとして良いのではないか。ふとそんなふうにも思う。けどなあ……。

 身の程知らずを百も承知で云えば、昨年の結果を受けて、「ビギナーズ・ラックだろう」と思う反面、「次こそは1位を!」という気持ちもどこかにあった。そのために何か具体的な努力をしたのかと問われれば下を向くしかないが、一方で、この1年、翻訳者として最前線で戦い続けてきたという自負もある。順位が下がるのは、正直、悔しい。

 やっぱりこのままじゃ終われない。来年は挽回、いや、もっと上の成績が残せるよう頑張らなきゃ。忙しいのは佐吉だけじゃない。上位の人たちは皆忙しいはずだ。忙しさを云い訳にしているうちはまだまだ半人前だ。それに、せっかく参加したのに賞品なしじゃ、張り合いがないもんね(コラ)。
関連記事

この記事に含まれるタグ : アメリア フェロー・アカデミー 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-4.html edit

2011/12/26 19:37 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : アメリア「翻訳トライアスロン2011」結果発表


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。