翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
翻訳会社  コーディネーター  トライアル  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

とどかぬ想い

2012/01/23[月]《 翻訳屋稼業 》
 例の2つの案件を土日に1件ずつこなして、いずれも日曜の深夜に納品(送信)。ゆうべは実に気持ちよく眠ることができた。

 明けて今日。とりあえず急ぎの案件はないのだが、新しい取引先に送る契約書や履歴書、職務経歴書などの(紙の)書類を用意しなければならないので、いつもの時間に起きる。

 PCを起動して、まずメールチェック。すると、仕事用のアドレスに何通ものメールが届いている。

 はて、面妖な。プライベートのアドレスならともかく、仕事用のアドレスに、深夜に、それも複数のメールとは。最後にメールチェックしたのはゆうべ2時頃。もちろん、そのときには未読メッセージは残っていなかった。とにかく開いてみる。

 Warning: Could not send message for past 4 hours  Mail Delivery Subsystem

 うぎゃあああっ! メール不達通知ではないか!! (◎。◎;

 2件のうちの1件、新規の取引先の案件に関して、ゆうべ寝る前に、コーディネーターさん他、社内の複数の人たちにCCで送ったメールのそれぞれについて、不達通知が返信されていたのだった。通知の送信時刻は4時過ぎ。文面からは原因はわからない。もっとも、納品するファイルはメールに添付するのでなく、FTPでサーバーにアップしているので、そちらを見てもらえれば納品されていることはわかるはずだが、そうは云っても、これがくだんの取引先との初めてのやりとり。しかも、事実上、トライアルを兼ねている。一発めから何かヘマをやらかしたように思われてはかなわない。あわてて全員に再送した。

 果たして、その後、コーディネーターさんからきちんと届いた旨連絡があった。事無きを得て佐吉も安心したが、不達通知を見たときには、ホント、肝を冷やした。一発で眠気が吹っ飛んだ。ちなみに、そんな今日1月23日は、「いいふみ」の語呂合わせで、電子メッセージング協議会(現Eジャパン協議会)が定めた「電子メールの日」なのだとか。皮肉か (-_-メ
関連記事

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 コーディネーター トライアル 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-18.html edit

2012/01/23 10:55 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : とどかぬ想い


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。