翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
北陸新幹線  高岡  新高岡  瑞龍寺  GONTITI  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

北陸新幹線開業、そして、GONTITI

2015/03/14[土]《 日記 》
 今日、北陸新幹線が開業した。と云っても、佐吉は「いずれ利用する機会もあるだろう」という程度で、わざわざ開業イベントを見に行くつもりはなかった。ところが、数日前、たまたま埼玉からこっちに来る用事のあった義姉が切符を予約しようとしたところ、東京発金沢行きの「はくたか」(各駅停車)の1番列車に1つだけキャンセルが出て、それで来ることになり、急遽、佐吉と康文が出迎えにいくことになったのだった。

 午前9時。新高岡駅に着いてみると、予想をはるかに超える人出があった。駅前広場では間もなくテープカットが行われるところで、広場を囲んで幾重にも人垣ができていた。が、佐吉たちはそこを素通りして、義姉を迎えるため……というより、とりあえず新幹線を間近で見るため、まっすぐホームへと向かった。以下、いちいち記していくと長大な日記になってしまうので、あまり上手く撮れなかった写真を中心にざっとレポートしていく。

高岡周辺のゆるキャラたち
高岡市とその周辺の市町のゆるキャラたち。うしろに見えるのは新幹線ではなく城端線の新高岡駅。

新高岡駅の案内板
義姉の乗ったはくたか551号の到着時刻を確認。

入場券
早速入場券を購入。ちなみに、帰りに「使用済」のスタンプを捺してもらって記念にお持ち帰り。

新幹線ホームから見るテープカット
2番線のホームから駅前広場のテープカットの様子を見る。

はくたか551号
はくたかの1番列車が新高岡に到着。が、経験不足と準備不足の所為でかなり残念な写真に (T。T)

射水ケーブルネットワークのインタビュー
地元のケーブルTVのインタビューを受ける義姉と細君。ただし、隣の市なので放送は見られず。

食の祭典
昼は近接する高岡テクノドームで開催中の「食の祭典」飛越能のB級グルメを堪能。

 さて、同じく今日、新幹線の開業を記念して高岡でGONTITIのライブが催された。ただし、佐吉たちがそのことを知ったのはほんの1週間前。しかも、わずか「200名限定」とのことで、チケットはとうに売り切れているだろうと思ったのが、ダメ元で近所のローソンで尋ねてみたら、これが取れてしまった。GONTITIの知名度がそれほどじゃなくてらっきぃ(違)。ともあれ、そんなわけで、夕刻、康文とライブが催される国宝瑞龍寺へ。

夕暮れの瑞龍寺山門

 ちなみに、GONTITI(ゴンチチ)は佐吉が30年来愛してやまないギターデュオ(若干脚色あり)。一昨年の秋にも、ここ高岡で彼らのコンサートがあった。また、今から15年前、佐吉たちが入籍する前日、つまり、独身最後の日に、佐吉は宇都宮で彼らのライブを聴いている。こうしてまた生活の(ちょっとした)節目をGONTITIで記念するのだと思うと、冠婚葬祭で懐かしい知人と再会するような、何とも不思議な感慨を覚える。

 通常の拝観時間が終了した午後4時30分、コンサートの客だけが境内に案内される。ちなみに、ライブは法堂の広間で行われ、観客は畳の上に正座または胡座。自慢するつもりはないが、佐吉もこれまでにいろんなアーティストのライブを見てきた。神社や寺で行われたライブも数えきれないほどあった。が、大抵は境内にステージと客席を設けて行うもので、こんなのは記憶にあるかぎりはじめてだ。ちょっとわくわくする。

瑞龍寺法堂内部 ゴンザレス三上のギター
法堂内部。左の障子のむこうがライブ会場の広間。ゴンザレス三上のギター。そしてステージ(!)

 広間では、ステージ上のチチ松村とゴンザレス三上の足元にそれぞれ電気ストーブ、そして、その反対側、つまり、客席(?)後方に石油ストーブが1つあるだけで寒いったらありゃしない。おまけに、座布団もなしにじかに畳の上に座っているものだから、足がしびれるどころか、しばしば攣りそうにさえなる。瑞龍寺では、希望すれば座禅が体験できるらしいのだが、まさに座禅をしながら曲を聴いているようなものだった。だが、それでもGONTITIの音は心地良い。締めの曲は「My Favorite Things」、アンコールが「放課後の音楽室」という構成はいつもと変わらないが、時と共に微妙にアレンジが変わっていくので何度聴いても新鮮だ。おかげで、いつもと変わらず過ぎていくはずだった1日が、佐吉にとって忘れがたい特別な1日になった。


 下の写真はライブが終わったあとの瑞龍寺(左:仏殿、右:法堂)。瑞龍寺は年に何回かライトアップされる日があるのだが、逆にライトアップされていない夜の瑞龍寺を目にする機会は少ない。これもまた特別な1日を強く印象づけるものになったのだった。

夜の瑞龍寺

オールタイム・ベストオールタイム・ベスト
GONTITI

CD
ERJ 2014/9/17 Amazon
関連記事

この記事に含まれるタグ : 北陸新幹線 高岡 新高岡 瑞龍寺 GONTITI 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-140.html edit

2015/03/14 23:52 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments


おお~、地元~

と・・・としながくん!
盛り上がってますね~、としながくんも健在ですね~
新高岡駅が高岡駅と離れてしまったことが
個人的には不満ですが、とりあえず開通、おめでとうございます~

ゴンチチ、うちの妹もいきましたよ~
寒かったようですね、初老のお二人も
冷え切っていたようだと言ってました。
ウィングウィング高岡には毎年ライブにいらしてるようで
妹は何回も行ってます、そっちは暖かいし・・・・

ゴンザレス三上さんはとしながくんの大ファンで
来るたびにグッズを大量買いされるらしいです・・・・

私もゴンチチのお二人が大好きで、ファンクラブに入って
大阪とか、名古屋とかいろんなところにライブに行ってます。
いつまでもお元気で素敵な音楽を届けていただきたいです。

佐吉さんのおかげで、としながくんの元気な姿を
確認できてよかったです。
奥様とお義母様もインタビューを受けられたのですね。
中沖元富山県知事の執念が実った北陸新幹線開通、
これからどんな展開になるのか楽しみに見守っています。

またとしながくんのレポをお願いします~

マリママ |  2015/03/20 (金) 15:09 No.106


コメントありがとうございます

マリママさん、コメントありがとうございます。

ついお返事のタイミングを逸してしまい、結局そのまま放置することになってしまい、お詫びの言葉もありません。

開業から2ヶ月が経ち、新幹線を見かけるのもすっかり日常茶飯事になりましたが、昨日アップした記事にあるとおり、今度は高岡に新しい球場ができ、また、来月には小矢部にアウトレットパークができ、小杉にコストコがオープンするなど、このあたりもどんどん変わっていっています。更新は相変わらず滞りがちですが、頑張ってできるだけこっちの様子をお伝えしていきたいと思います。

また時々のぞいてみてくださいませ。

佐吉 |  2015/06/07 (日) 09:27 [ 編集 ] No.107

コメントを投稿する 記事 : 北陸新幹線開業、そして、GONTITI


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。