翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
アメリア  翻訳トライアスロン  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

月イチ更新

2014/08/24[日]《 翻訳修行 》
 6月、7月と修羅場が続いたので、今月はいくらか仕事をセーブしようと思った。

 今月は、中規模の英訳案件の依頼が2件あった。いずれも、いついつまでとあらかじめ納期を指定するのでなく、最短でいつなら納品できるかと問い合わせる形で打診が来た。上のようなわけで、佐吉はそれぞれに対して普段以上にたっぷり余裕を見込んだ納期を提示した。「ダメならダメでいいや」と思ってのことだったが、意外にも2件ともOKの返事があった。各々のクライアントは某公的研究機関と某大学で、どちらも(こんなふうに)日本語としては座りの悪い関係代名詞的なものをいっぱいぶら下げたアカデミア独特の文体だったが、それでも、企業文書にしばしば見られる破綻した日本語や英語よりは与しやすかった。そんなわけで、今月は多少ゆとりを持って仕事を進めてきた佐吉なのである。

 昨日、アメリアの翻訳トライアスロン第2種目〈映像〉の訳文を提出した。まだ締め切り前なので内容には言及しないが、『今回から、映像を見ながら訳してもらうことに』なったとかで、これまで課題に添えられていたト書きがなくなり、代わりにサイトに当該部分の動画を載せての出題という形に変わった。良いことだと思う。と云うか、佐吉は、映像も見ずに映像翻訳をするなどナンセンスだとずっと云い続けてきた。あるいは、くだんの佐吉の記事が関係者の目に留まったか……などと云うと、この業界にやたらと多い自意識過剰厨みたいになってしまうのでやめておこう(笑)。

 わずか2日とは云え、締め切りに余裕を持って提出することができたのは、上に書いたとおり、仕事をセーブすることができたからだ。加えて、映像翻訳は細切れの時間が利用しやすい。佐吉は映像翻訳については完全に門外漢で、正しい映像翻訳の進め方がどういうものか知らない。が、自分なりのやり方を記せば、まず、字数制限を無視して原文のままに訳し、その後、その仮訳を制限字数に落とし込んでいく、という手順をとる。ちなみにこれは、仮訳をいじくり回して字数を減らすということではなく、仮訳というプロセスを通じて内容をきちんと把握したうえで、あらためて字数制限に収まる訳を組み立てる、という意味である。然るに後者の作業は、今日はこの台詞だけ、今日はここからここまで、といった具合に細切れに進めることができる。そのために敢えて時間を割く必要は(ほとんど)ない。実を云うと、佐吉は毎年、翻訳トライアスロンの中ではこの〈映像〉がいちばん楽だと感じているのである。今回も、ぜひともここでリードを確保(あるいはビハインドを挽回)しておきたい。

 ときに、話は脱線するが、先日、TVで『プレバト!!』というバラエティ番組(TBS系列)を見た。
芸人、俳優、アスリートにミュージシャン…、人気芸能人が毎回、才能の有無を判定する簡単なテストにチャレンジし、プロの専門家が厳しく採点、才能のアリナシをランキング形式で発表する。あの人気芸能人の隠された才能が明らかに! 先生の辛口コメントにベテラン芸能人が凍りつく…。
公式ページより)
という番組だ。その中に「俳句の才能査定ランキング」というコーナーがあった。芸能人の作った俳句に対して、先生が順位をつけ、歯に衣着せぬ意見を浴びせてゆく、というものだ。俳句の嗜みはないが、佐吉はその様子を興味深く眺めた。折しも映像翻訳の課題を抱えていた佐吉は、「俳句と字幕翻訳はちょっと似てるところがあるな」と思った。どちらも、伝える内容を吟味し、限られた字数でそれを的確に、効果的に伝えるための言葉を選び、あるいは省略の仕方を工夫し、あるいは最小限の補足説明をさりげなく挿入する……。

 だから何だと聞かれても困るが、佐吉はふと、曲がりなりにも言葉を扱う商売を生業とする者には、トライアスロンどころか言葉の十種競技くらいこなす覚悟が必要なのかもしれない、と思ったのだった。言葉の能力など一朝一夕に身に付くものではない。特に佐吉のような凡人は、日本語、英語を問わず、倦まず弛まず修練を積んでゆかなければならない。翻訳修行ってヤツは一筋縄ではいかないものだ、と。
関連記事

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-137.html edit

2014/08/24 14:54 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
前の記事 : 今年も参戦
次の記事 : 生存報告 -近況-
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : 月イチ更新


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
前の記事 : 今年も参戦
次の記事 : 生存報告 -近況-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。