翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
細君  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

陣中見舞い

2013/08/11[日]《 日記 》
 今日、荷物が届いた。箱には「陣中御見舞」とある。はて……?

『陣中御見舞』とあるが…

 まあ、とりあえず開けてみよう。

熱いメッセージが…

 う~ん、全国各地で2日連続40℃超えを記録しているというこの酷暑の中、ことさら暑苦しい……いや、熱いメッセージが…… (^、^;

 して、中身は?

をを、これはっ! (◎。◎

 ほう、発泡酒ではないか (◎。◎

 それはメーカーのキャンペーンによるものだった。細君康文が先月応募していたのだという。

 実を云うと、佐吉はそんな経緯を知らず、最初はこれを仕事絡みのお中元かと思った。しかし、考えてみれば、差出人は翻訳会社ではないし、エンドクライアントがじかにこんなものを送ってくることはまずあり得ない。

 そう云えば、これが発売されて間もなく、家で試しに飲んでみたことがあった。佐吉は普段あまりアルコールを飲まないのだが、「澄みきり」は喉ごしがすっきりしていて、味も悪くなかった。康文は、佐吉がそう云うのを聞いてキャンペーンに応募したのだそうだ。ってことは、差し詰め、
この味がいいねと君が云ったから 陣中見舞いは キリン澄みきり(盗作)
ってとこか (^、^;

 ちなみに、同封の手紙には、ご丁寧に手書きのメッセージが添えられていた。ご覧のとおり、なかなかの達筆だ。不特定多数に向けたものとわかっていても、こういうのはちょっとうれしいね。早速冷蔵庫で冷やして、ひと仕事終えたら、ありがたくいただくことにしよう (^-^)

メッセージは手書きだっ!
関連記事

この記事に含まれるタグ : 細君 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-115.html edit

2013/08/11 21:36 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : 陣中見舞い


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。