翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 

この記事に含まれるタグ :
翻訳会社  

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、サービス残業をするの巻

2013/07/12[金]《 翻訳屋稼業 》
 火曜、久々に取引先Dから打診があった。見れば、内容は翻訳ではなく「翻訳原稿の作成(データ入力/編集)」とある。報酬も字数ベースではなく、所要時間を想定しての時給計算だ。

 はぁ? こんな誰でもできる単純作業をオレに (・_・) ???

 仮にも取引先Aでは「弊社のナンバーワン翻訳者」と呼ばれている佐吉である(遠回しな自慢話注意)。昨年暮れには「代表取締役共々新年のご挨拶に伺いたいと存じますが、ご都合はいかがでしょうか」とお伺いを立てられた(丁重にお断りしたが)佐吉である(っていうか、しつこい自慢話注意)。その佐吉様にこんな半端仕事の打診だと? こいつら、オレをナメてんのか (-“-

 ……と思ったが、しばらく思案したのち、佐吉はその仕事を引き受けることにした。

 その日の朝、佐吉は取引先Aに訳文を納品していた。心ならずも前日はまた徹夜になってしまった。訳文は午前4時頃に仕上がり、それから寝ることもできたのだが、早朝にどうしてもはずせない用事があり、下手に横になって寝過ごしてしまっては一大事、と、そのまま寝ずにいたのである。折しも外は7月上旬としては記録的な猛暑。とても外出する気にはなれず、かと云って、徹夜明けのぼんやりした頭で翻訳作業にかかるのも危険。というわけで、日中、エアコンをギンギンに効かせた仕事部屋で、次の案件の下準備をしたり、録り溜めた映画を観たり、最近とみにハマっている『キングダム』を読んだり、と、だらだら時を過ごしていた。しかし、それでも、頭を使わない単純作業ならできるだろう。それに、取引先Dが普段どんなふうに仕事を進めているのかをちょっと覗いてみるのも面白そうだ。佐吉はそう考えたのだった。

 打診は複数の翻訳者に一斉送信されたもので、どうやら早い者勝ちのようだった。佐吉がメールを開いたのは送信から30分後のこと。すでにほかの人が受注しているならそれでもよし、と、ダメ元で請け負う旨返信すると、ほどなくして正式依頼が来た。

 作業は、画像PDFファイルから抽出したOCR原稿を、Tradosで扱えるよう、Wordファイルに編集するというものだった。「なんだ、楽勝じゃん」と最初は思った。が、よく見れば、提供された原稿は誤認識だらけで、その大半が使いものにならない。

 謀られた! ( ̄□ ̄;

 ……と思ったがあとの祭り。一旦請け負った以上、今さら「お断りします」とも云えず、結局、こちらでOCRし直し、原本が不鮮明で読み取れない部分については手入力で補い、どうにかファイルを仕上げた。気がつけば、想定の倍以上の時間がかかっていた。

 取引先DのOCRの精度がお粗末だということがわかったことをもって、せめてもの収穫とするか。そのことがわかっていれば、いずれどこかで役に立つ機会があるかもしれない。そう自分に云い聞かせつつ、翌日、原稿を納品した。すると、コーディネーターが、ついでにこの案件の翻訳(和訳)もやってもらえないだろうか、と云ってきた。佐吉は考えた。一度ケチが付いた仕事だ。あまり深く関わりたくはない。取引先Aの仕事だって控えている。しかし、一方で、すでに原稿に目を通しているというのは大きなアドバンテージだ。もちろん内容も頭に入っている。渡されればすぐさま作業に取り掛かることができる。それによって省ける時間で、先の「サービス残業」をある程度相殺できるかもしれない。そう算盤を弾くと、佐吉はその翻訳依頼を快諾したのだった。

(つづく……かもしれないし、続かないかもしれない。たぶん続かないと思う)
関連記事

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-111.html edit

2013/07/12 14:57 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
翻訳者ネットワーク「アメリア」

Comments

コメントを投稿する 記事 : 翻訳屋、サービス残業をするの巻


  設定するとあとで修正や削除ができます。(任意)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。