翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2013年07月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋として、技術屋として

2013/07/01[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の案件にもまた閉口させられた。内容はとある精密機器の取説の英訳。特急でトータル20数万字(原稿ベース)とのことで、むろん一人でこなせるわけはなく、数人の翻訳者で分担して、うち約5万字(ただし、Trados仕事で、新規・ほぼ新規はそのうちの半分ほど)を佐吉が受け持った。

 今回はクライアントからTM(翻訳メモリ)が支給されていた。ところが、こいつがとんでもない代物だった。訳例が実に8万ペアも登録されていて、重いったらありゃしない。ちょっと何かを検索しようとすると、そのたびに数十秒待たされる。が、それはまだいい。問題は中身だ。ゴチャゴチャもたもたした訳が多く、読んでいるとイライラしてくる。スタイルにもばらつきが目立ち、綴りや文法上の誤りさえ散見する。訳語もちっとも統一されておらず、中には、この文書においてかなり重きを成す言葉でありながら、訳語が8種類もある用語さえ見られる。これまでに、レベルが標準以下の人を含め、かなりの数の翻訳者がこれに関わっていることは間違いない。そんな雑多な訳を、ろくにチェックも整理もせず全部ぶち込んだのだろう。こういうのを「味噌も糞も一緒」と云う。

 だが、しかし、本当の悪夢はここからだ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : クライアント Trados 悪文 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-110.html edit

2013/07/01 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、サービス残業をするの巻

2013/07/12[金]《 翻訳屋稼業 》
 火曜、久々に取引先Dから打診があった。見れば、内容は翻訳ではなく「翻訳原稿の作成(データ入力/編集)」とある。報酬も字数ベースではなく、所要時間を想定しての時給計算だ。

 はぁ? こんな誰でもできる単純作業をオレに (・_・) ???

 仮にも取引先Aでは「弊社のナンバーワン翻訳者」と呼ばれている佐吉である(遠回しな自慢話注意)。昨年暮れには「代表取締役共々新年のご挨拶に伺いたいと存じますが、ご都合はいかがでしょうか」とお伺いを立てられた(丁重にお断りしたが)佐吉である(っていうか、しつこい自慢話注意)。その佐吉様にこんな半端仕事の打診だと? こいつら、オレをナメてんのか (-“-

 ……と思ったが、しばらく思案したのち、佐吉はその仕事を引き受けることにした。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-111.html edit

2013/07/12 14:57 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

諦めたらそこで試合終了

2013/07/25[木]《 翻訳修行 》
 今日アメリアの「翻訳トライアスロン2013」第1種目〈出版〉に応募した。ちなみに、翻訳トライアスロンとは、アメリアが毎年夏に開催する翻訳コンテストの一種で、公式サイトの説明には『翻訳をトライアスロンに見立て、7月-出版、8月-映像、9月-実務の3種目で総合翻訳力を競う毎年恒例のイベント』とある。

 佐吉が翻訳トライアスロンに参加するのはこれが4回目。過去の成績は、はじめて応募した2010年が総合3位、翌2011年が総合7位、そして、昨年2012年には総合1位を獲得している。云ってみれば、今年はディフェンディング・チャンピオンとしての参戦になるわけだ。

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-112.html edit

2013/07/25 22:54 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top

たまにはこんなお仕事

2013/07/26[金]《 翻訳屋稼業 》
 前回とは話が前後するが、先日、取引先Dから、普段とはちょっと毛色の違う仕事が舞い込んできた。日本の屏風絵や襖絵の紹介文の英訳だ。佐吉にとってはおよそ未経験のジャンルだが、面白そうなので引き受けることにした。

 原文は知的で端正な文章だった。日本語として破綻しているところもなかった。決して上手い文章ではなかったが、云いたいことはちゃんとわかる。試しに、頭の中で銀河万丈氏の声で再生してみると、どことなく某『開運!なんでも鑑定団』のナレーションのように聞こえなくもない。

 ときに、あの『鑑定団』のナレーション(の原稿)の完成度の高さにはいつも感心させられる。さすがにやや定型化してきていることは否めないが、それでも、文字に起こせばそのままコラムとして通用しそうだ。加えて、あの落ち着いた声のトーン。何を隠そう、佐吉は「お宝」の鑑定云々より万丈氏のナレーションのほうがはるかに面白いとさえ思っているのである。

この記事に含まれるタグ : 開運!なんでも鑑定団 銀河万丈 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-113.html edit

2013/07/26 11:18 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

← 前の月 2013年07月 次の月 →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。