翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2013年06月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

生存報告

2013/06/12[水]《 翻訳屋稼業 》
 FC2ブログは、1ヶ月更新がないと勝手に広告が表示されるようになる。『翻訳屋佐吉の生活と意見』は丸2ヶ月放置されたままで、ずっと見苦しい状態が続いていた。その間、特に記事にしようと思うような話題もなく、と云うか、書こうと思えばいくらでもネタはあったのだが、佐吉自身のモチベーションがすっかり下がってしまっていて、更新する気が起きなかった。しかし、如何せんこのままではあまりにも体裁が悪い。なので、ここらでひとつ近況報告でもして、更新の事実を作っておこうと思う。

 10日月曜、取引先Aに、とある仕様書の英訳案件の訳文を納品した。まったく、こいつには閉口させられた。まあ、よくあるケースだが、普通に云えば良いものを、わざわざ持って回った云い方をし、やたらと難しい言葉やカッコ良さげな云い回しを使いたがり、それだけならまだしも、自身、ろくに身に付いていない言葉を使うものだから、それらの意味や用法を間違え、ただでさえわかりにくい文章がもはや意味不明、解読不能になってしまっている、そこそこおエラい技術屋さんにありがちなイタい文章だった。翻訳屋にとって、この手の原稿ほど迷惑なものはない。同じ字数のまともな文書と比べて倍は手間がかかる。それでいて報酬は通常と変わらないのだから腹が立つ。社内翻訳者だった頃、つまり、社員として社内の文書を翻訳していた頃なら、「これじゃさっぱり意味がわかんねえよ。全部書き直せっ!」と云って(相手が誰であろうと)突っ返していたところだ。しかし、フリーランスの身ではそうもいかず、一旦引き受けた以上は、たとえクソみたいな原稿でも、どうにかして意味の通る訳文に仕立てなければならない。いきおい、今回も作業は困難を極め、締切り前は徹夜だった。が、それでも朝イチの納期に間に合わず、出来上がった分から五月雨式に納品しつつ、コーディネーターにねちねち嫌味を云われながら、なんとか全文納品したのは昼過ぎのことだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 悪文 バッティング 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-108.html edit

2013/06/12 23:54 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

袖摺り合うも他生の縁(?)

2013/06/19[水]《 翻訳屋稼業 》
 前回お話しした某電機メーカーの環境保護活動に関するプレゼン資料の英訳を、昨日の朝納品した。さほど厄介な内容ではなかったが、思いのほかペースが上がらず、結局また締め切り前は徹夜になってしまった。このところ、そんなケースが(1日で終わる小さな案件を除いて)何件か続いている。良くない傾向だ。仕事のやり方をちょっと見直す必要がありそうだ。

 ときに、訳出作業の終わり近くになって気づいたのだが、くだんの案件は、2年前にとある業界団体の賞を受賞したプロジェクトに関するもので、そのとき、かの団体が報道機関向けに発行した資料を、ほかならぬ佐吉が(ほかのエージェント経由で)英訳していた。同プロジェクトの概要と受賞理由を紹介した短い資料だ。もとより今回の案件には既視感のようなものを覚えていたのだが、まさか実際にそれそのものに接していようとは思いもよらなかった。ずっと、過去に似たような案件をいくつか扱ったことがあるからだろう、くらいに思っていた。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-109.html edit

2013/06/19 12:22 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

← 前の月 2013年06月 次の月 →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。