翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2012年12月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳トライアスロン2012〈実務〉結果発表

2012/12/30[日]《 翻訳修行 》
 丸1ヶ月更新をサボってしまった。こういうのは一度途切れてしまうと再開するのが難しい。そのきっかけが掴めないのだ。が、どうにかこうにか1年間続けてきたブログだ。このまま年を越してしまうのも悔しい。ちょうど昨日で今年の仕事も終わったことだし、新しい年を迎える前に何かしらアップしてみむとてするなり。

 先日、アメリアのサイトで「翻訳トライアスロン2012」第3種目〈実務〉の結果と合わせて、総合成績上位の発表があった。結果、佐吉はなんとか〈出版〉〈映像〉でのリードを守りきり、総合1位でフィニッシュすることができた。しかし、それは大きな課題の残る結果でもあった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-93.html edit

2012/12/30 21:30 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

流れて早き月日なりけり

2012/12/31[月]《 日記 》
 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

 ご存知小倉百人一首にも採られている歌人春道列樹(はるみちのつらき)の歌である。

 春道列樹は、名前こそ宝塚の男版かと思うくらいにカッコいいが、日本文学史においてはあまりぱっとしない存在で、後世に伝えられている歌はわずか5首しかない。にも関わらず、列樹にはもうひとつ人口に膾炙している歌がある。

 昨日といひ 今日と暮らして 飛鳥川 流れて早き 月日なりけり

 こうした感慨は今も昔も変わらないものらしい。

この記事に含まれるタグ : 目標 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-94.html edit

2012/12/31 22:28 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

← 前の月 2012年12月 次の月 →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。