翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2012年10月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

台風一過 ― さきちい散歩 2

2012/10/01[月]《 散歩・ポタリング 》
 台風一過。朝から抜けるような青空が広がっていた。しかし、天気予報によると晴天は今日だけで、明日からまたしばらくははっきりしない天気が続くという。仕事も逼迫していなかったので、午前中にふらりと散歩に出てみた。

渡良瀬遊水地(サイクリングコース) 渡良瀬遊水地は、明治期に足尾鉱毒事件の鉱毒対策を目的に造成された遊水池で、現在は主に治水と利水に利用されている(ちなみに、渡良瀬遊水地はかつて「遊水地」(河川法など)、「遊水池」(都市計画法、国土地理院発行の地形図など)のいずれの表記も可としていたが、現在は「遊水地」に統一されている)。3,300haという国内有数の湛水面積を持ち、埼玉県加須市、茨城県古河市、群馬県板倉町、栃木県栃木市、小山市、野木町の4県6市町にまたがっているが、その大部分が栃木市(旧藤岡町)に属している。そして、佐吉の実家からは目と鼻の先だ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 栃木 渡良瀬遊水地 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-79.html edit

2012/10/01 23:52 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

思い出の街 ― さきちい散歩 3

2012/10/05[金]《 散歩・ポタリング 》
 今日でさいたまに戻る。なので、迎えに来た細君と老母と3人で、栃木市の中心街に車で出かけ、佐吉の母校(高校)の周辺を歩いてみた。

 栃木市を紹介するとき必ずと云っていいほど使われるのが、市街を流れる巴波川(うずまがわ)周辺の風景だ。この辺りには蔵造りの古い家が並んでいて往時を偲ばせる。近年、観光客を当て込んで道路や橋が小ぎれいに整備され、遊覧船が行き来するようになり、一方で、映画やドラマのロケの誘致にも積極的で、つい最近も日テレの「ゴーストママ捜査線」というドラマの撮影がここで行われた。佐吉はTVでたまたまそれを見て、以来ちょっと気になっていた。そこは、佐吉の高校時代の通学路でもあった。

巴波川と塚田歴史伝説館
佐吉の高校時代の通学路、巴波川と塚田歴史伝説館

この記事に含まれるタグ : 栃木 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-80.html edit

2012/10/05 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

誤訳が多いのでレートを……上げます

2012/10/07[日]《 翻訳屋稼業 》
 先週の金曜、つまり、栃木に母校を訪ねた日の話。午前中、シャワーを浴びている間に取引先Aから携帯に着信があった。きっと次の仕事の依頼だろう、ならば同時にメールも送っているはずだ、と、シャワーを終えてすぐにPCを起動した。が、メールは届いていなかった。はて、どういうことだろう? 折り返し取引先Aに電話をかけてみた。すると、要件は次の仕事の依頼ではなく、先に納品した訳文の話だった。

 去年の1月から続いていた化学会社の大型プロジェクトが今年の春に終了し、5ヶ月ほど間を置いて8月にその第2期がスタートした。前回ほどではないが今回もまたかなりの量で、すでに3回に渡って原稿ベースで計6万字分の訳文を納品している。話というのはその先の納品分についてだった。コーディネーターさんの話によると、佐吉の訳文に重大な誤訳があったのだという。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント コーディネーター レート 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-81.html edit

2012/10/07 13:34 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

緊急発進!

2012/10/10[水]《 翻訳屋稼業 》
 先の電話のあった日から3連休をはさんで5日間まったく仕事の依頼がなかった。6日目の今日の朝、「ひょっとしてレートを上げると云って安心させておいて、実は発注ストップということなのでは……」と疑心暗鬼になりかけていたところに取引先Aから連絡があった。例の化学会社の案件の次の原稿が入った、今度は11月中旬納期で約20万字、一両日中に発注できるよう目下準備中だが、ついてはその間のスケジュールを調整しておいてほしい、とのことだった。

 なるほど、そういうことだったのか。Trados の働き具合にもよるが、1ヶ月ちょっとで20万字は佐吉にはいっぱいいっぱいの数字だ。つまり、「スケジュールを調整しろ」とは「これから1ヶ月と少しのあいだ、他社の仕事を受けるな」ということだ。先のタイミングでレート上げの話があったのにはそういう含みがあったというわけだ。納得がいった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント レート 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-82.html edit

2012/10/10 19:10 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

Happy Anniversary!!

2012/10/10[水]《 日記 》
 佐吉と康文が入籍したのは2000年10月10日。今日は12回目の結婚記念日でした。

Happy Anniversary!!

この記事に含まれるタグ : 誕生日・記念日 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-83.html edit

2012/10/10 23:45 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。