翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2012年09月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

くらきよりくらき道にぞ入りぬべき

2012/09/06[木]《 日記 》
《ここまでのあらすじ》

 佐吉は、某電機メーカーで機械設計と社内翻訳を経験したのち、2010年にフリーランス翻訳者に転身した。専門は電気・機械。それに加えてIT、化学、建築、土木などの案件を扱っている。また、フリーでの仕事を始めたのと同時期に家探しを始め、翌2011年、細君康文(生け花の雅号兼ハンドルネーム。「こうぶん」と読む)の故郷である富山県高岡市に古民家を購入した。以来、埼玉県さいたま市のマンションと高岡を往復しつつ、家のリフォームと新しい生活のための準備を進めてきた。

 2012年初夏。リフォームがひと通り完了し、新しい佐吉んちはようやく人が住める状態になった。ちなみに、それまで高岡ではずっと細君の実家に寝泊まりしていた。佐吉と康文は、雑事を片付けるため、そこで一旦さいたまに戻り、そのまま関東でこの夏を過ごし、一昨日、2ヶ月半ぶりにまた高岡を訪れた。関東と同様、北陸でも暑い日が続いていたが、秋の気配は日々確実にその色を濃くしていた。
 その日、さいたまを出たのは昼過ぎだった。車は康文が運転し、佐吉は助手席でノートPCを開いていた。仕事を2件抱えていたので、移動中に少しでも進めておきたかったのだ。とは云え、助手席での作業はすこぶる効率が悪い(後部座席は荷物で埋まっている)。約7時間の移動中、作業ができたのは正味でせいぜい1、2時間にすぎなかった。おまけに、ノートPCの画面は小さく、操作性は悪く、ネットへの接続は不安定。結局、車中での作業は気休め程度にしかならなかった。日が傾き始め、モニターが見づらくなる頃には、佐吉は早々に見切りをつけ、ノートを閉じたのだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま 栃木 佐吉んち 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-74.html edit

2012/09/06 12:40 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

細君様様

2012/09/09[日]《 住まい 》
 新しい佐吉んちは、前庭も裏庭もいたるところ雑草だらけだった。何という草なのかはわからないが、人の腰ほどの高さの雑草が辺り一面に生い茂っていて、玄関前のコンクリートの一画以外は足を踏み入れることさえできない有り様だった。

 6月に埼玉に戻る前、細君は裏庭に家庭菜園を作り、ミニカボチャ、とうもろこし、枝豆などの野菜と、そのコンパニオンプランツとして何種類かの花を植えていた。しかし、少なくとも遠目に見るかぎりその面影はほとんどなかった。佐吉は不意に、家電製品の配達や設置のためここを訪れた人たちが異口同音に「草刈りが大変そうですね」と云っていたのを思い出した。これまで庭のある家に住んだことのなかった佐吉は、そんな言葉を聞いてもさほど実感が湧かなかったのだが、いまようやくそのことに合点がいった。庭のある家に住むとはこういうことだったのだ (´д`)

9月8日の裏庭
9月8日時点の裏庭
6月15日の裏庭
6月15日時点の裏庭(別アングル)

 何はともあれ草刈りである。

この記事に含まれるタグ : 高岡 佐吉んち 庭いじり 細君 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-75.html edit

2012/09/09 23:28 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

愉しからずや 仮住まい -近況-

2012/09/15[土]《 住まい 》
 新しい佐吉んちに移動した。先の記事にも書いたように、これまでは細君康文の実家に滞在しながら新生活のための準備を進めてきたが、新しい家もどうにか人が住める状態になり、また、佐吉の仕事も一段落ついたので、一昨日から実際に新居で寝起きしている。ちなみに「入居」と云わず敢えて「移動」と云っているのは、このまま新しい家に腰を落ち着けるのでなく、来週にはまたさいたまに戻らなければならないからだ。いまはまだ仮住まいの佐吉たちなのである。

 もちろん、前回の日記以降にもいろいろと進展があった。佐吉も康文も、連日、朝から晩までフル回転だった。その間のエピソードをすべてご紹介することはとてもできないが、個人的な備忘録を兼ねて、思いつくままにいくつか書き留めておこうと思う。

この記事に含まれるタグ : 高岡 佐吉んち インテリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-76.html edit

2012/09/15 19:53 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

アトランタ! アトランタ!

2012/09/18[火]《 住まい 》
 ヤフオクで家具を落札した。テレビボードとライティングビューロー(ライティングデスク)。いずれも、6月に買った佐吉の机と同じIDF太田長の「アトランタ」シリーズの家具だ。

 先の記事にも書いたとおり、「アトランタ」シリーズは、製造元が倒産したため、今は生産されていない。だから、こうしてオークションで見かける機会も多くはない(はずだ)し、そもそも佐吉はオークションのページなど滅多にのぞかない。出品されているのを知ったのはほんの偶然だった。くだんのテレビボードを掲載したページに、アトランタシリーズを紹介しているサイトのひとつとして、ウチのブログへのリンクが貼ってあったのである。つまり、佐吉はアクセス解析を通じてそれらの出品を知ったのである。

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち インテリア 太田長アトランタ 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-77.html edit

2012/09/18 19:43 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top

さきちい散歩

2012/09/24[月]《 散歩・ポタリング 》
 また一旦高岡を離れ、さいたまへ……は戻らず、いま佐吉は栃木の実家にいる。

 高岡からの帰りが日曜の夜だったりすると関越道は必ず渋滞している。連休の最終日などはなおさらだ。そんなとき、まっすぐさいたまに向かわず、藤岡JCTからひと区間だけ北上して北関東自動車道に乗り、栃木の佐吉の実家に立ち寄ることがある。そうして老母に富山の土産を手渡し、実家で夕食を済ませ、渋滞が解消した時分に東北道で、あるいは一般道でさいたまに戻るのである。もちろん遠回りになるが、関越で渋滞に呑まれるより精神的にははるかに楽だ。

 昨日もそうした。そして、用事のある康文が独りさいたまのマンションに戻り、佐吉はそのまま実家に残った。実家で整理したいこともあったし、一方で、お盆に帰省できなかったので彼岸くらいは、という気持ちもあった。

この記事に含まれるタグ : 栃木 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-78.html edit

2012/09/24 22:20 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

← 前の月 2012年09月 次の月 →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。