翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の古い順) ← 前の月 2012年03月 次の月 → 


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

アメリア定例トライアル失敗談

2012/03/01[木]《 翻訳修行 》
 午後、取説の英訳を納品した。そして緊張の糸が切れた。納品する前には「この案件が終わったら溜まっている雑事を片付けよう」と思っていたのだが、いざ終わってみるとちっともやる気が起きない。以降はだらだらと時間を過ごすばかりだった。

 気紛れにアメリアのサイトで今月の会報誌を眺めてみた。アメリアには入会して2年になる。会員の方はご存知だろうが、アメリアでは「定例トライアル」といって毎月さまざまなジャンルで模擬トライアルを実施している。本格的に仕事を始めてからはなかなか時間がとれず、もう1年以上応募していないが、入会した当初は応募できるものすべてに応募していた。参加履歴を見ると、過去に13回応募して、成績はAが4回、Bが8回、そしてCが1回だった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : アメリア 定例トライアル 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-33.html edit

2012/03/01 23:52 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

お役所廻りの月曜日

2012/03/05[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の月曜、市の運転免許更新センターで免許証の住所変更の手続きをした。そして今日は銀行で新しい口座を開設し、市役所で印鑑登録をし、税務署で青色申告承認申請書を提出してきた。

 佐吉は今年で(事実上)フリーランス2年目になるが、1年目の去年は青色申告の申請をしていなかった。したがって今回の確定申告は白色だ。開業した当初、とある知人に「青色は仕事がある程度軌道に乗ってからで充分だよ」などと云われてそんなものかと思い、敢えて申請はしなかったのだが、今にして思えば迂闊だった。

この記事に含まれるタグ : フリーランス 申告 経理 細君 高岡 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-34.html edit

2012/03/05 23:48 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

900キロのダイエット

2012/03/06[火]《 住まい 》
佐吉んちの倉庫 庭の一画にある倉庫(ガレージ、納屋、物置とも云う)に、先住者の家財道具が大量に残されている。家を購入する際、それらをこちらで処分することを条件に、だいぶ値引きしてもらったのだ。今日、リフォームによって不要になった古い建材と合わせて、その一部を廃棄した。

 家財道具の多くは年代物の箪笥や長持などで、かつてこの家に大家族が暮らしていたことを窺わせる。一部中身が残っているものもあったが、そのほとんどが老人の衣類だった。あるいは遺品なのかもしれない。が、もちろん佐吉たちには知る由もない。

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-35.html edit

2012/03/06 23:51 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

Never again... until the next time.

2012/03/13[火]《 翻訳屋稼業 》
 相変わらず忙しい。口を開けばそんな愚痴ばかりでお恥ずかしいかぎりだが、本当にまったく余裕がない。なので、今回も仕事の動きだけを簡単に。

 去年の1月から続いていた例の化学会社の案件がようやく終わった。1枚400字で計算して正味3634枚。原稿の文章がひどくて苦労していると何度も愚痴をこぼしてきたが、結局最後まで改善されることはなかった。最後のファイルはそのことを象徴するかのように、とりわけ解読に困難を極めた。4000字ほどの文章を訳出するのに結局一晩かかった。が、それももう過去の話。今朝そいつを納品して14ヶ月の長きにわたった案件についに終止符を打った。さらば、株式会社◯◯◯◯。もう二度と会うことはあるまい。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント 大型案件 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-36.html edit

2012/03/13 15:31 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

最大限の配慮

2012/03/16[金]《 翻訳屋稼業 》
 毎回説明するのも面倒なので、今後ここでは、以前から取引のある翻訳会社を「取引先A」、今年新たに取引を始めた言語サービスプロバイダを「取引先B」と呼ぶことにした。ちなみに、いずれもそれぞれの会社の頭文字ではない。念のため。

 取引先Aは実にさまざまなジャンルの仕事を回してくる。これまで佐吉が主に携わってきたのは、先日ようやくひと区切りついた某化学会社の大型案件と、毎回ご指名で依頼が来る某電機会社の技報、論文、プレスリリースなどだが、それ以外で過去1年間に請け負った案件を、時間を遡る格好でご紹介すると……

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-37.html edit

2012/03/16 22:34 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。