翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の新しい順) カテゴリー : 日記


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

ローズが富山にやってきた!

2015/06/06[土]《 日記 》
 皆さんご承知のとおり、先日、かつて近鉄や巨人で活躍したタフィ・ローズがプロ野球独立リーグ、BCリーグの富山GRNサンダーバーズに入団した。そして、そのデビュー戦が6月6日、ボールパーク高岡(高岡西部総合公園野球場)でのソフトバンク3軍戦と報じられた。なんと、佐吉の地元高岡であのローズが見られるのである。これは是非とも見に行かなきゃ!

 ……ってんで、佐吉と康文は早速、市内のコンビニで前売りチケット(全席自由、大人1,000円)を購入し、試合当日の今日、やや肌寒い曇り空の下、正午の試合開始に合わせて球場へ向かった。

高岡西部総合公園
高岡西部総合公園。さわやかな青空が広がっているが、写真は試合終了後のもので、試合中は終始どんより曇っていた。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 富山 高岡 富山GRNサンダーバーズ ボールパーク高岡 タフィ・ローズ 

FC2スレッドテーマ : プロ野球 (ジャンル : スポーツ

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-141.html edit

2015/06/06 23:58 | Comment (1) | Site Map | Home | Page Top

北陸新幹線開業、そして、GONTITI

2015/03/14[土]《 日記 》
 今日、北陸新幹線が開業した。と云っても、佐吉は「いずれ利用する機会もあるだろう」という程度で、わざわざ開業イベントを見に行くつもりはなかった。ところが、数日前、たまたま埼玉からこっちに来る用事のあった義姉が切符を予約しようとしたところ、東京発金沢行きの「はくたか」(各駅停車)の1番列車に1つだけキャンセルが出て、それで来ることになり、急遽、佐吉と康文が出迎えにいくことになったのだった。

 午前9時。新高岡駅に着いてみると、予想をはるかに超える人出があった。駅前広場では間もなくテープカットが行われるところで、広場を囲んで幾重にも人垣ができていた。が、佐吉たちはそこを素通りして、義姉を迎えるため……というより、とりあえず新幹線を間近で見るため、まっすぐホームへと向かった。以下、いちいち記していくと長大な日記になってしまうので、あまり上手く撮れなかった写真を中心にざっとレポートしていく。

この記事に含まれるタグ : 北陸新幹線 高岡 新高岡 瑞龍寺 GONTITI 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-140.html edit

2015/03/14 23:52 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top

『赤毛のアン』をあえて神山妙子訳で読む

2014/04/26[土]《 日記 》
 みなさんご存知のとおり、この春からNHKで、翻訳家村岡花子の半生を描いた連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』が放映されている。

 佐吉家では、細君康文が朝ドラウォッチャーなので、佐吉も少なからず見る機会がある。『ちりとてちん』『あまちゃん』など、佐吉自らが好んで見た作品もある。『花子とアン』についても、かの村岡花子の話ということで、始まる前から関心はあった。正直なところ、現時点ではドラマとして特に面白いとは思えないのだが、それでも今後に期待して見続けている。

この記事に含まれるタグ : 赤毛のアン 花子とアン 電子書籍 Kindle kobo 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-134.html edit

2014/04/26 12:22 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

思いがけない収穫

2014/02/10[月]《 日記 》
 先日、珍しく実家の母から電話があった。何用かと思ったら、細君がアメリアの会誌のコピーを郵送していたらしい。翻訳トライアスロン2013の総合結果と上位入賞者の「喜びの声」が載った号だ。電話のむこうの母の声はいつになくうれしそうだった。

 以前にもお話ししたとおり、佐吉は2009年に、早期退職者募集に応募して会社を辞め、フリーランスになった。もちろん、それは自ら望んだこと、というより、募集は願ってもないチャンスだった。佐吉は微塵も迷うことなく、待ってましたとばかりに応募し、今の仕事に就いたのだった。

 しかし、佐吉の親戚筋はそうは思っていなかったようだ。鈍感な佐吉はつい最近になってようやく気づいたのだが、叔母や従兄弟たちは、どうやら、佐吉が意に反して会社をリストラされ、その後どこにも再就職できず、仕方なく翻訳で糊口を凌いでいると思っていたらしい。あるいは、富山に移り住んだのも、世間体が悪く、知人と顔を合わせたくないから、くらいに思っていたのかもしれない。正月やお盆に親戚が集まった折にも、佐吉の近況に話が及ぶと皆決まって口数が少なくなった。今にして思えば、まるで腫れ物に触るようだった。

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン フリーランス 自分語り 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-129.html edit

2014/02/10 13:57 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

ジャック・ロンドン、村上春樹、そして……

2014/01/12[日]《 日記 》
佐吉。

この3人にはある共通点がある。それは……


この記事に含まれるタグ : 誕生日・記念日 ジャック・ロンドン 村上春樹 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-128.html edit

2014/01/12 22:06 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。