翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の新しい順) カテゴリー : 翻訳屋稼業


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

生存報告 -近況-

2014/11/12[水]《 翻訳屋稼業 》
 一昨日、D社の工作機械関係の英訳案件が終盤に差し掛かっていたところに、その案件の担当コーディネーターさんから次の仕事の話がきた。今度は法務関係の(英訳)案件で、かなりのボリュームがあるらしく、約1ヶ月の納期でどれくらい受けられるか、という形での打診だった。佐吉にとって法務は畑違いなのだが、クライアントは電子機器のメーカーで、サンプルとして添付されていた原稿の一部を見ると、決して訳せない内容ではなかった。なので、ある程度の余裕を見込んで(原稿ベースで)8万字程度なら受けられる、と答えておいた。

 そして昨日、工作機械案件の訳文を納品して、くだんの案件の入稿を待っていたところ、夕方になって、クライアントの都合で急遽保留になった、ついては日程を一旦白紙に戻し、後日あらためて相談したい、と連絡があった。拍子抜けした。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 コーディネーター 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-138.html edit

2014/11/12 18:25 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

断れない仕事

2014/01/10[金]《 翻訳屋稼業 》
 年末に出された取引先Dからの宿題を6日に、同じく取引先Aの年またぎ案件を昨日9日に、それぞれ納品した。こいつらのおかげで正月も通常営業になってしまったが、年明けから10日足らずで30数万の収入を確保したと思えば、竿のしずくか濡れ手で粟。こいつぁ春から縁起がいいわえ(河竹黙阿弥作『三人吉三廓初買』(さんにんきちさくるわのはつがい)より)。

 Aからはその後すぐに次の仕事の打診があった。佐吉はそのメールを、最初、携帯で見た。佐吉にとっては比較的まれな和訳の案件で、字数はたったの260ワード。それでいて文末に「関連分野の技術用語を調査したうえで適切な訳語を使用してください」との但し書きがある。それを見て、

 はぁ? これって何が云いたいの? オレの和訳は訳語が適切じゃないってこと? (-“-

と、一瞬カチンときた。が、よく見るとそれは(クライアントが翻訳会社に翻訳を依頼するかどうかを決めるために行う)トライアルの打診だった。なるほど、それでか。合点がいった (^、^ゞ

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル コーディネーター 家具 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-127.html edit

2014/01/10 15:04 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

冬休みの宿題

2013/12/30[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週末、久々に受けた和訳案件が片付いて、「今年はこれで御用納めにしようかな。あとはもう中途半端な仕事は断って、のんびり新年を迎えよう」と思っていたところへ、取引先Aから、年明け納期で2万5千字ほどの英訳案件の打診があった。佐吉は思案した。できれば今年は堅気衆と同じように正月休みを過ごしたい。とは云え、2万5千字は見逃すにはちょっと惜しい数字だ。まあ、これくらいの負荷なら、思惑どおりとはいかないまでも、少しはのんびりできるだろう。それに、新しい年がそこそこまとまった量の仕事から始まるのも悪くない。佐吉はそう判断し、その依頼を快諾した。

 すると、それから程なくして、今度は取引先Dから、納期も量もほとんど同じ案件の打診がきた。中身は前回やった案件の追加分で、勝手がわかっている分、くだんのAの案件より与しやすい。佐吉は思案した。これを受注すれば、年末年始はほぼ通常営業になってしまう。正月から日がな一日モニターに向かっている姿は想像するだに侘しい。今年は帰省しないだけになおさらそれは避けたい。とは云え、Aの案件を受注しておいて、それより美味しいDの案件を断るのも悔しい。ちきしょ~、こっちが先に入っていれば……。

この記事に含まれるタグ : バッティング Trados 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-125.html edit

2013/12/30 01:18 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

あざなえる縄のごとし

2013/11/08[金]《 翻訳屋稼業 》
 ちょっと仕事に余裕ができたので、遅めの朝食を済ませたのち、散髪に行くことにした。今日は穏やかな日和。これが3度めになる近所(?)の理髪店へは1キロちょっと。散歩を兼ねて歩いていくことにした。ネルシャツにマウンテンパーカを羽織っててくてく歩いていくと、軽く汗ばむくらいの陽気だった。

 ところが、道程のちょうど真ん中あたりまできたところで携帯にメールが届いた。取引先Aからの仕事の打診だった。「ちぇっ、いっつもこんなタイミングだ (´д`)」さすがに散髪を終えてからゆっくり返信というわけにもいかないので、止むなく家に引き返し、PCを起動する。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル アメリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-120.html edit

2013/11/08 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

あー夏休み

2013/08/15[木]《 翻訳屋稼業 》
 世間はお盆休みの真っただ中。先週の土曜から休みというところも多いだろう。佐吉の取引先でも、取引先AとDがその前日の金曜に合わせて4つ仕事を入れてきた。ちなみに、うち3つはそれぞれ1日で終わる小さな案件(トライアル案件を含む)、残りの1つが納期が半月ほど先の1万2千ワードの和訳案件だ。おそらく両社ともそれで夏休みに入るに違いない。とすれば、この先1週間は次の仕事は入ってこないはず。お盆はちょっとのんびりできそうだ。佐吉はそう踏んだ。そうして今週は、多少は仕事を進めつつも、墓参りに行ったり細君と買い物に出かけたり、流れ星を見に行ったり家でごろごろしたりと、夏休みらしいと云えばらしい毎日を送っていた。

 ところが、昨日14日になって取引先Aからまた打診があった。2万字ほどの英訳案件だ。ちぇっ、やっぱり仕事してたか。Aは去年もおととしも、お盆でも普段と変わらずコンタクトをとってきていたから「あるいは」と思っていたのだが、そうか、やはりやっていたか…… orz

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 休日 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-117.html edit

2013/08/15 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。