翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (日付の新しい順) カテゴリー : よしなしごと


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

あれから4年

2015/03/11[水]《 よしなしごと 》
 その頃、佐吉たちはまださいたまに住んでいた。佐吉は病気で入院中の細君を見舞いに、さいたま市郊外の田園地帯を自転車で病院に向かっていた。実を云うと、そのとき、佐吉はすぐには揺れに気づかなかった。ちょうど舗装の荒れた農道を走っているところので、砂利が浮いているのか、あるいは見た目以上に路面が荒れているのか、くらいにしか思わなかったのだ。その後、農作業をしていた爺さんが不安げに周囲を見渡しているのを見て、佐吉はようやく地震だと悟った。少し行くと、幅5mほどの用水路の水がさながら防波堤に打ち寄せる荒波のように、左右に交互に激しく水しぶきをあげていた。病院では、一部非常口の表示灯が落ちるなどの被害はあったが、幸い大事には至らず、康文と互いの無事を確認したのち、余震がおさまるまで、ほかの入院患者や付き添いの人たちと一緒にロビーで待機することになったのだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 震災 自分語り 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-139.html edit

2015/03/11 14:56 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

ブログの公開範囲を制限します ← 延期しました

2013/04/01[月]《 よしなしごと 》
 毎度『翻訳屋佐吉の生活と意見』をご覧いただき、まことにありがとうございます。

 突然ですが、このたび、思うところあって、当ブログの公開範囲を、あらかじめビジター登録をされた方に限定させていただくことにしました。来る4月8日より、当ブログの閲覧には、こちらで発行する各ビジター専用のパスワードが必要になります。悪しからずご了承願います。

 なお、パスワードはメールにてお知らせします。ご希望の方は、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、メールアドレスをご記入のうえ、下のアドレスにご連絡ください。よろしくお願いします。

 april_fool@gmail.com

この記事に含まれるタグ : お知らせ 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-105.html edit

2013/04/01 12:00 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

英語で読む村上春樹

2013/03/28[木]《 よしなしごと 》
 来月からNHKラジオ第2で「英語で読む村上春樹 ~世界の中の日本文学~」というラジオ講座が始まる。講師は翻訳家で東大文学部教授の沼野充義氏。来る4月から来年3月までの1年をかけて『象の消滅』と『かえるくん、東京を救う』の短編2作品を英訳版でじっくり読み解いていこう、というものだ。公式ページの紹介文には、
最もノーベル賞に近いといわれる日本人作家・村上春樹。その作品は、30を超える国で翻訳され、愛読されている。日本国内でも、世界の人々がどのように村上作品を読んでいるのか知りたいという人は多い。英語に訳された村上春樹の作品朗読を通して、あらためて世界的な文学者・村上春樹の作品の魅力を再発見していく講座番組。

村上春樹の作品は、著者みずからが翻訳者と意見交換して完成させたものも多く、中には日本語の原文と英訳とで異なっている部分もある。違いの背景にはどのような意図があるのか? 日本語で読んでいるだけではわからない楽しさを発見しながら、村上文学を“英語で堪能”する。
とある。

この記事に含まれるタグ : NHK 村上春樹 ラジオ講座 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-104.html edit

2013/03/28 23:58 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top

スヌーピー全集 復刊!

2012/07/03[火]《 よしなしごと 》
 今日、復刊ドットコムからメールが届いた。同時に、Twitterにも同じ内容のツイートがあった。


 復刊ドットコムとは、『絶版・品切れで手に入らなくなった本を皆さまからの投票によって復刊させよう!という、読者参加型のリクエストサイト』(サイトの紹介文より)。佐吉も過去に何度かリクエストしたことがある。と云っても、絶版本の復刊は決して簡単な話ではない。リクエストが多ければ必ず復刊されるというわけではなく、それに加えて(商業的に)さまざまな条件がクリアできた場合にのみ実現に至るのである。佐吉にとっても、自分のリクエストした書籍が復刊されるのは今回がはじめてだ。

この記事に含まれるタグ : ピーナッツ スヌーピー 谷川俊太郎 Twitter 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-62.html edit

2012/07/03 23:59 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

けれど いつか たどりついてる

2012/03/27[火]《 よしなしごと 》
 仕事が片付くと必ず、と云うと云いすぎだが、好んで聞く曲がある。

この記事に含まれるタグ : お気に入り 音楽 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-39.html edit

2012/03/27 23:35 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。