翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : Trados の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

冬休みの宿題

2013/12/30[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週末、久々に受けた和訳案件が片付いて、「今年はこれで御用納めにしようかな。あとはもう中途半端な仕事は断って、のんびり新年を迎えよう」と思っていたところへ、取引先Aから、年明け納期で2万5千字ほどの英訳案件の打診があった。佐吉は思案した。できれば今年は堅気衆と同じように正月休みを過ごしたい。とは云え、2万5千字は見逃すにはちょっと惜しい数字だ。まあ、これくらいの負荷なら、思惑どおりとはいかないまでも、少しはのんびりできるだろう。それに、新しい年がそこそこまとまった量の仕事から始まるのも悪くない。佐吉はそう判断し、その依頼を快諾した。

 すると、それから程なくして、今度は取引先Dから、納期も量もほとんど同じ案件の打診がきた。中身は前回やった案件の追加分で、勝手がわかっている分、くだんのAの案件より与しやすい。佐吉は思案した。これを受注すれば、年末年始はほぼ通常営業になってしまう。正月から日がな一日モニターに向かっている姿は想像するだに侘しい。今年は帰省しないだけになおさらそれは避けたい。とは云え、Aの案件を受注しておいて、それより美味しいDの案件を断るのも悔しい。ちきしょ~、こっちが先に入っていれば……。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : バッティング Trados 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-125.html edit

2013/12/30 01:18 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋として、技術屋として

2013/07/01[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の案件にもまた閉口させられた。内容はとある精密機器の取説の英訳。特急でトータル20数万字(原稿ベース)とのことで、むろん一人でこなせるわけはなく、数人の翻訳者で分担して、うち約5万字(ただし、Trados仕事で、新規・ほぼ新規はそのうちの半分ほど)を佐吉が受け持った。

 今回はクライアントからTM(翻訳メモリ)が支給されていた。ところが、こいつがとんでもない代物だった。訳例が実に8万ペアも登録されていて、重いったらありゃしない。ちょっと何かを検索しようとすると、そのたびに数十秒待たされる。が、それはまだいい。問題は中身だ。ゴチャゴチャもたもたした訳が多く、読んでいるとイライラしてくる。スタイルにもばらつきが目立ち、綴りや文法上の誤りさえ散見する。訳語もちっとも統一されておらず、中には、この文書においてかなり重きを成す言葉でありながら、訳語が8種類もある用語さえ見られる。これまでに、レベルが標準以下の人を含め、かなりの数の翻訳者がこれに関わっていることは間違いない。そんな雑多な訳を、ろくにチェックも整理もせず全部ぶち込んだのだろう。こういうのを「味噌も糞も一緒」と云う。

 だが、しかし、本当の悪夢はここからだ。

この記事に含まれるタグ : クライアント Trados 悪文 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-110.html edit

2013/07/01 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

グッドタイミング! (ゝ_∂ b

2012/08/31[金]《 翻訳屋稼業 》
 いずれも分納だった取引先Bの3万5千字案件と取引先Aの2万2千字案件それぞれの最終分を、取引先Bについては昨日、取引先Aについては今日、各々納品して、佐吉は3週間ぶりに無負荷の状態になった。なので、この週末はアメリアの翻訳トライアスロンの3種目め〈実務〉の一次訳にでも充てようか……と思っていたところに、取引先Cからメールが届いた。今度こそ先に打診のあった電子系の案件だ。そして、前回とは対照的に絶妙なタイミングで入ってきた。むろん佐吉はそれを受注した。そうして受けた取引先Cからのはじめての案件は、1千字にも満たない小さな案件だった。

 先の取引先Cからの打診には「Trados Studio 2009/2011での操作に不慣れな方については、当社にて基本的な操作をご案内することも可能です。必要な方は遠慮なくおっしゃってください」という意味合いのことが書かれていた。実を云うと、佐吉が、取引先AやBと比べてややレートが低いにも関わらずCの仕事を受けることにした理由のひとつがそれだった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 Trados アメリア 翻訳トライアスロン 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-73.html edit

2012/08/31 23:35 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

それぞれの思惑

2012/08/22[水]《 翻訳屋稼業 》
前編からの続き)

 そうして取引先Cから具体的な仕事の話が来た。しかし、それは先に打診のあった電子系の案件とは別だった。もちろんここで詳しく話すわけにはいかないが、短期間で大量の文書を英訳しなければならない緊急の案件とのことだった。佐吉にその打診があったのは、単に、先の(電子系の仕事の)打診への返信で、Trados が使えると伝えてあったからにすぎなかった。

 依頼の中身は、ある程度技術的な要素が絡むことは予想されるものの、基本的には法務関係の仕事だった。普段ならまず請け負わない案件だ。が、今回は珍しくその話に興味を覚えた。と云うのは、それが、ネット経由でクライアントの専用プラットフォームにアクセスして作業を行う案件だったからだ。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 Trados コーディネーター 和訳 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-71.html edit

2012/08/22 23:25 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

Trados Studio 2011 にアップグレード

2012/05/01[火]《 PC・インターネット 》
 Trados を Studio 2011 にアップグレードした。リリース以来、SDL Trados のサイトをはじめ、あちこちから精力的に情報を収集し、既存のバージョンとの詳細な比較検討を重ねた結果、ついにアップグレードするのが賢明との結論に至った……わけではなく、元々佐吉は 2009 をメインに使っていたので、アップグレードに対しては 2007 からの移行ほどには抵抗がなく、(いくつかの理由で)いずれはそうすることになるだろうと思っていて、であれば、いたずらに先延ばしするのは時間の無駄、早くアップグレードすればそれだけ早く新しい機能の恩恵に与ることができる、と判断したにすぎない。そんなわけで、Studio 2011 に関する情報を求めてここにたどり着いた方には申し訳ないが、このページは Studio 2011 について何らテクニカルな情報を提供するものではない。Studio 2011 の詳細については、他のより有益なサイトをご覧いただきたい。

この記事に含まれるタグ : Trados アメリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-47.html edit

2012/05/01 10:44 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。