翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : Kindle の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

『赤毛のアン』をKindleとkoboで読む

2014/05/04[日]《 PC・インターネット 》
 佐吉はスマホもタブレットも持っていない。必要を感じないのだ。普段、もっぱら家でPCの画面に向かっているのだから、PCでできることはPCでやればいいし、家(仕事)を離れてまで液晶画面とにらめっこしていたくはない。メールを打ったり、ネットでちょっと調べ物をしたり、といった程度ならガラケーで事足りるし、通話もガラケーの方がしやすい。5分おきにSNSをチェックしなければ気が変になるということもないし、どこに行った、何を食べたと、日常を逐一他人に報告する趣味もない。外で仕事をする必要があるときはノートPCを持っていく。これもまたノートPCの方が効率が良い。

 ただし、電子書籍リーダーはあってもいいかな、と思う。出かけた先で、その時々の気分で読む本を選べたらさぞ便利だろう。とは云え、これもまだ購入には至っていない。そんなわけで、今のところ、佐吉はPCで電子書籍を読んでいる。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 赤毛のアン 花子とアン 電子書籍 Kindle kobo 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-135.html edit

2014/05/04 15:19 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

『赤毛のアン』をあえて神山妙子訳で読む

2014/04/26[土]《 日記 》
 みなさんご存知のとおり、この春からNHKで、翻訳家村岡花子の半生を描いた連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』が放映されている。

 佐吉家では、細君康文が朝ドラウォッチャーなので、佐吉も少なからず見る機会がある。『ちりとてちん』『あまちゃん』など、佐吉自らが好んで見た作品もある。『花子とアン』についても、かの村岡花子の話ということで、始まる前から関心はあった。正直なところ、現時点ではドラマとして特に面白いとは思えないのだが、それでも今後に期待して見続けている。

この記事に含まれるタグ : 赤毛のアン 花子とアン 電子書籍 Kindle kobo 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-134.html edit

2014/04/26 12:22 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。