翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 雨晴海岸 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

降って湧いた3連休

2012/04/15[日]《 日記 》
 12日(木曜)に富山市で桜の開花が発表された。平年より7日遅い開花だという。その日、佐吉は前の晩にほぼ徹夜して仕上げた英訳案件を昼に納品した。その後、別の仕事の依頼はなく、翌13日(金曜)にも依頼のメールは来なかった。かくして佐吉は一切仕事を抱えずに、取引先が休みになる土日を迎えることになったのだった。

 仕事のまったく入っていない週末は実に久しぶりだ。佐吉の記憶が正しければ一昨年の11月以来のことだ。ちなみにそのときは、古民家の物件を見に泊まりがけで長野に出かけていた(もっとも、外出する旨事前に伝えていたにも関わらず、その夜、旅館でくつろいでいるところに仕事の打診の電話があったのだが)。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 富山 休日 美術 水墨美術館 雨晴海岸 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-41.html edit

2012/04/15 22:24 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。