翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 銀河万丈 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

たまにはこんなお仕事

2013/07/26[金]《 翻訳屋稼業 》
 前回とは話が前後するが、先日、取引先Dから、普段とはちょっと毛色の違う仕事が舞い込んできた。日本の屏風絵や襖絵の紹介文の英訳だ。佐吉にとってはおよそ未経験のジャンルだが、面白そうなので引き受けることにした。

 原文は知的で端正な文章だった。日本語として破綻しているところもなかった。決して上手い文章ではなかったが、云いたいことはちゃんとわかる。試しに、頭の中で銀河万丈氏の声で再生してみると、どことなく某『開運!なんでも鑑定団』のナレーションのように聞こえなくもない。

 ときに、あの『鑑定団』のナレーション(の原稿)の完成度の高さにはいつも感心させられる。さすがにやや定型化してきていることは否めないが、それでも、文字に起こせばそのままコラムとして通用しそうだ。加えて、あの落ち着いた声のトーン。何を隠そう、佐吉は「お宝」の鑑定云々より万丈氏のナレーションのほうがはるかに面白いとさえ思っているのである。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 開運!なんでも鑑定団 銀河万丈 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-113.html edit

2013/07/26 11:18 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。