翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 翻訳学習 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳学校で学んだこと

2013/02/04[月]《 翻訳修行 》
 佐吉が電機メーカーでの社内翻訳の職を辞し、フリーランスを志したのは2009年。それまで佐吉はおよそ翻訳の勉強をしたことがなかった。と云うより、翻訳の勉強の仕方を知らなかった。その後、佐吉が翻訳学校の門を叩いたのは、なによりその勉強の仕方を学ぶためだった。なお、以下しばらく佐吉の自分語りが続く。ウザいと思われる方は、ひぃ、ふぅ、みぃ……6段落目から読まれることをお勧めする。

 佐吉は元々機械設計の仕事をしていた。そして、(今こんな仕事に就いているからにはあたりまえだが)学生時代から英語は得意だった。社会人になって以降もそれなりに(一般的な意味での)英語学習は続けていた。折しも1990年台。バブルがはじけ、国内のどのメーカーも安い人件費を求めて海外進出に躍起になっていた頃で、佐吉のいた会社もご多分にもれず、英会話の講師を招いたり奨学金を出して通信講座の受講を奨励したりと、英語教育に力を入れていた。佐吉も何度かそれらのお世話になった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 翻訳学校 翻訳学習 サン・フレア フェロー・アカデミー 自分語り 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-100.html edit

2013/02/04 23:58 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。