翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 洋書 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

Amazon 英語難易度別リーディングガイド

2013/04/10[水]《 PC・インターネット 》
 すでにご存知の方も多いだろうが、先月末から、Amazon洋書ストアで「英語難易度別リーディングガイド」というサービスが始まっている。個人の英語読解力と文章の難易度のいずれにも適用できる「Lexile指数」という指標を利用して、学習目的で洋書を購入するユーザーが、自分のレベルに合った洋書を効率よく選べるようにしたものだ。

 Amazonの解説ページによると、
Lexile指数とは、アメリカのMetaMetrics®社が開発した「読解力」および「文章の難易度」を示す指標です。世界165か国以上で活用されているほか、アメリカでは、小学3年生~高校3年生の約半数が、英語能力テストの結果とともにLexile指数の判定を受けています。本は、単語数や難易度、構文の複雑さなどに基づきLexile指数がふられます。

リーディングに適切な本の難易度は、個人のLexile指数を基準にマイナス100Lからプラス50Lまでの範囲です。たとえば個人のLexile指数が1000Lの場合、読書に適した範囲は900L~1050Lになります。この範囲内の本に頻繁に触れることが、英語の読解力向上の一助となります。
とのこと。したがって、ここでの「難易度」とは、単純な語彙レベルのことではない。念のため。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Amazon 洋書 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-107.html edit

2013/04/10 19:10 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。