翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 日本政策金融公庫 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

日本政策金融公庫に行ってきた

2012/02/28[火]《 住まい 》
 リフォーム費用が予算をオーバーすることが確実になった。建築士さんによると、古い床を剥がしてみたところ、家の西側(裏側)の基礎が東側(表側)に対して6センチほど低くなっていて、そのため当初予定していなかった工事を追加せざるを得なくなったのだそうだ。ちなみに、この高低差は手抜き工事や地盤沈下の影響ではなく、80年という歳月の中で自然に生じたもので、当時の建築技術からすると仕方のないものなのだという。なるほど、もっともな理屈だ。

 ともあれ、足りない分の資金をどこかから調達しなければならない。もともと家の購入・改築資金には先の会社の退職金を充てていて、そのために借金をすることは考えていなかった。話を聞いて、定期預金なり個人年金なりを解約しようかとも考えたが、たとえば佐吉の個人年金は、バブルの時代に契約した金利の良いものなので、できればそれらには手を付けたくない。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち リフォーム 細君 日本政策金融公庫 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-31.html edit

2012/02/28 23:30 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。