翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 悪文 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋として、技術屋として

2013/07/01[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の案件にもまた閉口させられた。内容はとある精密機器の取説の英訳。特急でトータル20数万字(原稿ベース)とのことで、むろん一人でこなせるわけはなく、数人の翻訳者で分担して、うち約5万字(ただし、Trados仕事で、新規・ほぼ新規はそのうちの半分ほど)を佐吉が受け持った。

 今回はクライアントからTM(翻訳メモリ)が支給されていた。ところが、こいつがとんでもない代物だった。訳例が実に8万ペアも登録されていて、重いったらありゃしない。ちょっと何かを検索しようとすると、そのたびに数十秒待たされる。が、それはまだいい。問題は中身だ。ゴチャゴチャもたもたした訳が多く、読んでいるとイライラしてくる。スタイルにもばらつきが目立ち、綴りや文法上の誤りさえ散見する。訳語もちっとも統一されておらず、中には、この文書においてかなり重きを成す言葉でありながら、訳語が8種類もある用語さえ見られる。これまでに、レベルが標準以下の人を含め、かなりの数の翻訳者がこれに関わっていることは間違いない。そんな雑多な訳を、ろくにチェックも整理もせず全部ぶち込んだのだろう。こういうのを「味噌も糞も一緒」と云う。

 だが、しかし、本当の悪夢はここからだ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : クライアント Trados 悪文 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-110.html edit

2013/07/01 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

生存報告

2013/06/12[水]《 翻訳屋稼業 》
 FC2ブログは、1ヶ月更新がないと勝手に広告が表示されるようになる。『翻訳屋佐吉の生活と意見』は丸2ヶ月放置されたままで、ずっと見苦しい状態が続いていた。その間、特に記事にしようと思うような話題もなく、と云うか、書こうと思えばいくらでもネタはあったのだが、佐吉自身のモチベーションがすっかり下がってしまっていて、更新する気が起きなかった。しかし、如何せんこのままではあまりにも体裁が悪い。なので、ここらでひとつ近況報告でもして、更新の事実を作っておこうと思う。

 10日月曜、取引先Aに、とある仕様書の英訳案件の訳文を納品した。まったく、こいつには閉口させられた。まあ、よくあるケースだが、普通に云えば良いものを、わざわざ持って回った云い方をし、やたらと難しい言葉やカッコ良さげな云い回しを使いたがり、それだけならまだしも、自身、ろくに身に付いていない言葉を使うものだから、それらの意味や用法を間違え、ただでさえわかりにくい文章がもはや意味不明、解読不能になってしまっている、そこそこおエラい技術屋さんにありがちなイタい文章だった。翻訳屋にとって、この手の原稿ほど迷惑なものはない。同じ字数のまともな文書と比べて倍は手間がかかる。それでいて報酬は通常と変わらないのだから腹が立つ。社内翻訳者だった頃、つまり、社員として社内の文書を翻訳していた頃なら、「これじゃさっぱり意味がわかんねえよ。全部書き直せっ!」と云って(相手が誰であろうと)突っ返していたところだ。しかし、フリーランスの身ではそうもいかず、一旦引き受けた以上は、たとえクソみたいな原稿でも、どうにかして意味の通る訳文に仕立てなければならない。いきおい、今回も作業は困難を極め、締切り前は徹夜だった。が、それでも朝イチの納期に間に合わず、出来上がった分から五月雨式に納品しつつ、コーディネーターにねちねち嫌味を云われながら、なんとか全文納品したのは昼過ぎのことだった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 悪文 バッティング 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-108.html edit

2013/06/12 23:54 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、多忙を極めるの巻

2012/02/24[金]《 翻訳屋稼業 》
 公私ともに目が回りそうなくらい忙しい。もちろん身辺にはいろいろな動きがあって、ここでご紹介したいネタもたくさんあるのだが、如何せんそれをきちんと文章にまとめている暇がない。なので、今回はひとまず、最近の仕事の動きを簡単に書き留めておくことにする。

 先週の金曜(17日)、1年以上前から続いていた化学会社の案件の、最後の原稿が入稿した。234枚相当(英訳)。納期は来月上旬だ。

 先の記事で、翻訳会社経由でクライアントに文章の改善を求めた話をしたが、結局ほとんど反映されていなかった。まあ、そんなもんだろうとは思っていたが。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント 大型案件 悪文 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-30.html edit

2012/02/24 18:07 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

考えるな! 感じるんだ!

2012/02/02[木]《 翻訳屋稼業 》
 『燃えよドラゴン』という映画をご存じだろうか。1973年に公開されたブルース・リー主演の……

 あれ? この書き出し、つい最近使ったような……。それに、『燃えよドラゴン』に今さら「ご存知だろうか」もないよなあ……。

 (-_-;;;

 やっぱり普通に始めることにする。

 さて、次の文を読んでみてほしい。ちなみにこれは、実際の案件からの引用ではなく、その典型的な云い方を真似た佐吉の創作である。

この記事に含まれるタグ : 大型案件 悪文 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-23.html edit

2012/02/02 20:44 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、苦戦中

2012/01/29[日]《 翻訳屋稼業 》
 このところ、おそろしく仕事のペースが遅い。例の、開始から1年が過ぎた大型案件に取り組んでいるのだが、これが目を覆いたくなるほどの悪文で、ちっとも作業が捗らないのだ。

 もっとも、最初からずっとそうだったわけではない。もちろん以前にもいろいろと難点はあったのだが、それでも、クライアント側に、こちらの指摘を受けて原文の悪いところを直していこうとする姿勢が見られた。文章が目に見えて劣化しだしたのは、去年の秋口のことだ。聞くところによると、以前はクライアント側に原稿をまとめてチェックする人がいたのだが、何らかの理由でそれができなくなり、各セクションの担当者が書いたものがそのまま入ってくるようになったらしい。確かに、そのバラつきたるや尋常ではなかった。さほど引っ掛かるところのない当たりの月もあれば、原稿の半分近くが意味不明という大ハズレの月もあった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント 大型案件 悪文 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-22.html edit

2012/01/29 13:12 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。