翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 家具 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

断れない仕事

2014/01/10[金]《 翻訳屋稼業 》
 年末に出された取引先Dからの宿題を6日に、同じく取引先Aの年またぎ案件を昨日9日に、それぞれ納品した。こいつらのおかげで正月も通常営業になってしまったが、年明けから10日足らずで30数万の収入を確保したと思えば、竿のしずくか濡れ手で粟。こいつぁ春から縁起がいいわえ(河竹黙阿弥作『三人吉三廓初買』(さんにんきちさくるわのはつがい)より)。

 Aからはその後すぐに次の仕事の打診があった。佐吉はそのメールを、最初、携帯で見た。佐吉にとっては比較的まれな和訳の案件で、字数はたったの260ワード。それでいて文末に「関連分野の技術用語を調査したうえで適切な訳語を使用してください」との但し書きがある。それを見て、

 はぁ? これって何が云いたいの? オレの和訳は訳語が適切じゃないってこと? (-“-

と、一瞬カチンときた。が、よく見るとそれは(クライアントが翻訳会社に翻訳を依頼するかどうかを決めるために行う)トライアルの打診だった。なるほど、それでか。合点がいった (^、^ゞ
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル コーディネーター 家具 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-127.html edit

2014/01/10 15:04 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。