翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : 北陸 の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

手ぶくろを買いに

2013/12/22[日]《 日記 》
 12日、高岡でこの冬はじめての積雪が観測された。いよいよ本格的な冬の到来だ。

 佐吉は去年、一昨年と、関東(埼玉・栃木)と富山を行ったり来たりした。が、去年も一昨年も年末年始は栃木の実家にいて、その前後1ヶ月から2ヶ月を関東で過ごした。しかし、今年は帰省せずに高岡で年を越すことになった。佐吉にとってはじめてのノーカット版「北陸の冬」を体験することになったのである。

 洗礼はいきなり厳しかった。翌13日以降は雨が降ったり止んだりで雪は残っていないが、このところの強い寒気の影響でとにかく寒い。家の中に居てさえ寒い。佐吉んちは仕事部屋(兼リビング)こそ今どきの断熱工事が施してあるが、それ以外は基本的に80年前の建物。一歩部屋を出れば気温は外とほとんど変わらない。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 北陸 富山 高岡 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-123.html edit

2013/12/22 13:41 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。