翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : リフォーム の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

トラクターがやってきた!

2012/04/28[土]《 住まい 》
 丸1ヶ月リフォームの話題から遠ざかっていた間に、佐吉んちの内装工事は完了。まだ外壁や屋根の葺き替えなどは残っているが、佐吉たち自身は(実際にはほとんど康文が、だが)少しずつ庭の手入れをしたりインテリアを設えたりしているところ。今日は、リビングと奥の和室に、先日オーダーしたプリーツスクリーンを取り付けてもらった。

前庭より
前庭より
玄関
玄関(左奥がリビング、右奥がキッチン)
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち リフォーム インテリア ご近所さん 庭いじり 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-46.html edit

2012/04/28 23:52 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

佐吉んち改築中 2

2012/03/20[火]《 住まい 》
 何日かぶりに佐吉んちを視察してきた。細君はその後も何度か片付けや掃除に行っていたが、佐吉は先だって廃材の処分を手伝いに行って以来ちょうど2週間ぶりだ。ずっと仕事に追われていて、なかなか時間がとれなかったのだ。

 内装工事はその間にかなり進んでいて、玄関を入ると見違えるようだった。リビング兼仕事部屋?)にはすでに壁紙が貼られ、華道教室になる予定の和室は畳替えが済んで、それぞれにだいぶ居室らしくなっていた。

リビング(兼仕事部屋?)
リビング(兼仕事部屋?)
華道教室
華道教室

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち リフォーム 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-38.html edit

2012/03/20 23:37 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

日本政策金融公庫に行ってきた

2012/02/28[火]《 住まい 》
 リフォーム費用が予算をオーバーすることが確実になった。建築士さんによると、古い床を剥がしてみたところ、家の西側(裏側)の基礎が東側(表側)に対して6センチほど低くなっていて、そのため当初予定していなかった工事を追加せざるを得なくなったのだそうだ。ちなみに、この高低差は手抜き工事や地盤沈下の影響ではなく、80年という歳月の中で自然に生じたもので、当時の建築技術からすると仕方のないものなのだという。なるほど、もっともな理屈だ。

 ともあれ、足りない分の資金をどこかから調達しなければならない。もともと家の購入・改築資金には先の会社の退職金を充てていて、そのために借金をすることは考えていなかった。話を聞いて、定期預金なり個人年金なりを解約しようかとも考えたが、たとえば佐吉の個人年金は、バブルの時代に契約した金利の良いものなので、できればそれらには手を付けたくない。

この記事に含まれるタグ : 佐吉んち リフォーム 細君 日本政策金融公庫 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-31.html edit

2012/02/28 23:30 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

佐吉んち改築中

2012/02/17[金]《 住まい 》
 新しい佐吉んちは、敷地面積910平米(275坪)、延べ床面積274平米(83坪)の10DK(購入時)。普通に考えれば2人で暮らすには広すぎる物件だが、にも関わらずここを選んのは、そこが、佐吉にとっては仕事場、康文にとっては華道教室と竹工芸の工房を兼ねた空間になるからだ。しかし、それにしても、これだけ広い物件が手に入ったのは予想外の幸運だった。おかげでかなり思い切ったリフォームができる。

佐吉んち間取り

この記事に含まれるタグ : リフォーム 佐吉んち 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-28.html edit

2012/02/17 23:50 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、北陸へ

2012/02/15[水]《 日記 》
 関越の長いトンネルを抜けると雪国であった。普段、富山へ行くには上信越道を利用するのだが、今日は霧で一部不通になっていたため、関越道をまっすぐ新潟方面へ向かったのだった。目指すは高岡の細君の実家。新しい佐吉んちの改築工事の打ち合わせや立ち会いのため、今日からまたしばらくかの地に滞在することになっているのだ。

 新潟県内の積雪は想像以上だった。道はもちろん除雪されているが、その両側に降り積もった雪は人の身長よりはるかに高く、かの雪の回廊さえ連想させる。と云っても、高岡の方は、それなりに積雪はあるが豪雪地帯というほどではない。長岡JCTを経て北陸道に入ると、雪は徐々に少くなっていった。

この記事に含まれるタグ : 富山 高岡 リフォーム 佐吉んち 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-27.html edit

2012/02/15 22:23 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。