翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : フリーランス の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

思いがけない収穫

2014/02/10[月]《 日記 》
 先日、珍しく実家の母から電話があった。何用かと思ったら、細君がアメリアの会誌のコピーを郵送していたらしい。翻訳トライアスロン2013の総合結果と上位入賞者の「喜びの声」が載った号だ。電話のむこうの母の声はいつになくうれしそうだった。

 以前にもお話ししたとおり、佐吉は2009年に、早期退職者募集に応募して会社を辞め、フリーランスになった。もちろん、それは自ら望んだこと、というより、募集は願ってもないチャンスだった。佐吉は微塵も迷うことなく、待ってましたとばかりに応募し、今の仕事に就いたのだった。

 しかし、佐吉の親戚筋はそうは思っていなかったようだ。鈍感な佐吉はつい最近になってようやく気づいたのだが、叔母や従兄弟たちは、どうやら、佐吉が意に反して会社をリストラされ、その後どこにも再就職できず、仕方なく翻訳で糊口を凌いでいると思っていたらしい。あるいは、富山に移り住んだのも、世間体が悪く、知人と顔を合わせたくないから、くらいに思っていたのかもしれない。正月やお盆に親戚が集まった折にも、佐吉の近況に話が及ぶと皆決まって口数が少なくなった。今にして思えば、まるで腫れ物に触るようだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : アメリア 翻訳トライアスロン フリーランス 自分語り 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-129.html edit

2014/02/10 13:57 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

パナソニックフェアに行ってきた

2012/06/02[土]《 日記 》
 そんなわけで再び高岡。移動したのは昨日(金曜)。移動中の車の中では、ずっとNACK5(FM埼玉)の FUNKY FRIDAY を聴いていた。以前にも書いたが、たとえどこへ引っ越そうとも金曜のファンフラだけははずせない。ちなみに、関越道の藤岡JCTあたりまでは普通にチューナーで聴取できたが、上信越道に入って電波が届かなくなって以降は(康文の)スマホでLISMO WAVEを利用した。

 明けて今日は、高岡テクノドームで開催中の「おウチまるごとパナソニックフェア」。パナソニックフェアとは近隣の加盟店による合同新製品展示会兼商談会で、会場で商談すれば同社の新製品を通常期よりだいぶ安く買うことができる。いわゆる家電量販店で買うのと比べてもだいぶお得だ。佐吉たちはそこで冷蔵庫と洗濯機とオーブンを購入した。もっとも、実を云うと、今日その場で製品を見て購入を決めたのではなく、先日、佐吉んちのリビングにエアコンを取り付けてもらった際に、電気店さんと内々に商談は済ませてあり、今日は云わば予約済みの形で会場を訪れたのだった。こうした便宜を図ってもらえるのも街の電気屋さんならではだ。普段はどうしても家電量販店を利用しがちだが、こうしてみると昔ながらの電気屋さんも捨てたものではない。

この記事に含まれるタグ : ファンキー・フライデー 高岡 高岡テクノドーム ランチ フリーランス 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-55.html edit

2012/06/02 23:30 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

満開の桜の下

2012/04/19[木]《 散歩・ポタリング 》
風待茶房 ぼくのほそ道 佐吉んちからほど近い国道156号線沿いの「風待茶房 ぼくのほそ道」は、喫茶店でありながらマスター自らが打つ十割蕎麦が売りという変わった店だ。月曜の午後、細君と連れ立ってそこを訪ねた。もちろんお目当てはマスターの手打ち蕎麦。細君の話を聞いて、佐吉も以前から少なからず興味をそそられていた。

 ところが、折悪しく蕎麦は売り切れていた。新たに打つには30分はかかるというので、仕方なくメニューの中からとりあえず目に留まったカレーうどんを注文した。すると、あにはからんやさほど期待していなかったそのカレーうどんがびっくりするほど美味かったのである。繰り返すが「ぼくのほそ道」は喫茶店である。佐吉は世の中がよくわからなくなった (◎、◎;

この記事に含まれるタグ : ぼくのほそ道 自転車 高岡 千保川  おとぎの森公園 ランチ フリーランス 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-42.html edit

2012/04/19 23:38 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

お役所廻りの月曜日

2012/03/05[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の月曜、市の運転免許更新センターで免許証の住所変更の手続きをした。そして今日は銀行で新しい口座を開設し、市役所で印鑑登録をし、税務署で青色申告承認申請書を提出してきた。

 佐吉は今年で(事実上)フリーランス2年目になるが、1年目の去年は青色申告の申請をしていなかった。したがって今回の確定申告は白色だ。開業した当初、とある知人に「青色は仕事がある程度軌道に乗ってからで充分だよ」などと云われてそんなものかと思い、敢えて申請はしなかったのだが、今にして思えば迂闊だった。

この記事に含まれるタグ : フリーランス 申告 経理 細君 高岡 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-34.html edit

2012/03/05 23:48 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

久々の出番

2012/01/28[土]《 翻訳屋稼業 》
 『アメリカン・サイコ』という映画をご存じだろうか。2001年に公開された米国のサイコ・スリラーで、goo映画によると、
 80年代のニューヨークはウォール街。証券会社に勤める若手エリート、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は誰もが羨む高級マンションに暮らし、優雅な生活を送っていた。ファッションはもちろん、ブランドやレストラン、ビューティーケアにまで余念がない彼は、人には言えないある欲望に悩まされていた。それは、人をズタズタに刺し殺したいという抑えきれない殺意だったのだ……。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD183/index.html
という作品だ。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント フリーランス 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-21.html edit

2012/01/28 03:22 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。