翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : トライアル の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

断れない仕事

2014/01/10[金]《 翻訳屋稼業 》
 年末に出された取引先Dからの宿題を6日に、同じく取引先Aの年またぎ案件を昨日9日に、それぞれ納品した。こいつらのおかげで正月も通常営業になってしまったが、年明けから10日足らずで30数万の収入を確保したと思えば、竿のしずくか濡れ手で粟。こいつぁ春から縁起がいいわえ(河竹黙阿弥作『三人吉三廓初買』(さんにんきちさくるわのはつがい)より)。

 Aからはその後すぐに次の仕事の打診があった。佐吉はそのメールを、最初、携帯で見た。佐吉にとっては比較的まれな和訳の案件で、字数はたったの260ワード。それでいて文末に「関連分野の技術用語を調査したうえで適切な訳語を使用してください」との但し書きがある。それを見て、

 はぁ? これって何が云いたいの? オレの和訳は訳語が適切じゃないってこと? (-“-

と、一瞬カチンときた。が、よく見るとそれは(クライアントが翻訳会社に翻訳を依頼するかどうかを決めるために行う)トライアルの打診だった。なるほど、それでか。合点がいった (^、^ゞ
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル コーディネーター 家具 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-127.html edit

2014/01/10 15:04 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

あざなえる縄のごとし

2013/11/08[金]《 翻訳屋稼業 》
 ちょっと仕事に余裕ができたので、遅めの朝食を済ませたのち、散髪に行くことにした。今日は穏やかな日和。これが3度めになる近所(?)の理髪店へは1キロちょっと。散歩を兼ねて歩いていくことにした。ネルシャツにマウンテンパーカを羽織っててくてく歩いていくと、軽く汗ばむくらいの陽気だった。

 ところが、道程のちょうど真ん中あたりまできたところで携帯にメールが届いた。取引先Aからの仕事の打診だった。「ちぇっ、いっつもこんなタイミングだ (´д`)」さすがに散髪を終えてからゆっくり返信というわけにもいかないので、止むなく家に引き返し、PCを起動する。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル アメリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-120.html edit

2013/11/08 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

思わぬ伏兵

2012/11/10[土]《 翻訳屋稼業 》
 火、木と続けて2つの案件をいずれも前倒しで納品し、「これで今週末は取引先Aからの依頼はないはず。土日は『どうぶつの森』三昧だ。きゃっほ~い! ヽ(^▽^ ノ」と思っていたところへ思わぬ伏兵が現れた。先日トライアルに合格し、登録を済ませたばかりの取引先Dである。

 依頼の電話は昨日(金曜)の午後6時過ぎにあった。取引先Dからのはじめての依頼は、意外なことに建築系の案件だった。

 「やれやれ、いきなり建築系かよ (-_-;」

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル どうぶつの森 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-91.html edit

2012/11/10 23:48 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

トライアルの結果がきた

2012/10/13[土]《 翻訳屋稼業 》
 今から3ヶ月前の7月初め、ちょうどアメリア翻訳トライアスロンが始まった頃、同じくアメリアのプロフィール検索経由でとある翻訳会社からトライアルのオファーがあった。折り返し契約条件について問い合わせてみると、レートは標準的なレベルで仕事はふんだんにあるというので応募してみることにした。

 翻訳トライアスロンの課題の下訳と並行してトライアルの課題をこなし、提出した。しかし、そのあとすぐに慣れない和訳案件に忙殺されることになり、それが落ち着いた頃にはロンドン・オリンピックが開幕し、オリンピックが終わると他社の大型案件が再開し……とバタバタしていたこともあって、ここでそのことについて話すタイミングを逸してしまった。その後、くだんの翻訳会社からは何の音沙汰もなく、そのまま3ヶ月が過ぎた。きっと落ちたのだろうと思い、結果について敢えて問い合わせることはしなかった。と云うより、トライアルを受けたこと自体いつの間にか忘れていた。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-84.html edit

2012/10/13 23:58 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top

忘れた頃に

2012/08/20[月]《 翻訳屋稼業 》
 2年半ほど前、まだどの会社とも契約していないのはもちろん、自分がフリーランスとしてやっていけるかどうかさえわからなかった頃、ほんの腕試しのつもりで、ある翻訳会社のトライアルを受けたことがあった。受けたのはネットで検索してたまたま引っ掛かった会社のひとつで、特に惹かれるものがあるわけではなかったが、佐吉の専門分野である電気・機械系の翻訳者を募集していて、なおかつ常に応募を受け付けていたので、とにかく一度トライアルなるものを経験してみようと思い、メールを送ったのだった。

 結果、トライアルには無事合格した。それが佐吉にとってのはじめての契約になった。合格した旨電話で連絡を受けて「これでオレも晴れて翻訳者だ!」と小躍りしたのを覚えている。

 その後、その会社から何度か仕事の打診があった。レートは案件ごとに設定する仕組みだった。が、有り体に云っていつも残念な数字だった。奇しくもそれとほぼ時を同じくして、アメリアのプロフィール検索経由で今の取引先Aから登録のオファーがあり、トライアルを受験してこちらも合格、ほどなくそこから(より高いレートで)コンスタントに仕事が入るようになったので、結局、くだんの会社からは一度も仕事を受けることのないまま、次第に疎遠になっていった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 トライアル アメリア 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-70.html edit

2012/08/20 23:31 | Comment (2) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。