翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : クライアント の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋として、技術屋として

2013/07/01[月]《 翻訳屋稼業 》
 先週の案件にもまた閉口させられた。内容はとある精密機器の取説の英訳。特急でトータル20数万字(原稿ベース)とのことで、むろん一人でこなせるわけはなく、数人の翻訳者で分担して、うち約5万字(ただし、Trados仕事で、新規・ほぼ新規はそのうちの半分ほど)を佐吉が受け持った。

 今回はクライアントからTM(翻訳メモリ)が支給されていた。ところが、こいつがとんでもない代物だった。訳例が実に8万ペアも登録されていて、重いったらありゃしない。ちょっと何かを検索しようとすると、そのたびに数十秒待たされる。が、それはまだいい。問題は中身だ。ゴチャゴチャもたもたした訳が多く、読んでいるとイライラしてくる。スタイルにもばらつきが目立ち、綴りや文法上の誤りさえ散見する。訳語もちっとも統一されておらず、中には、この文書においてかなり重きを成す言葉でありながら、訳語が8種類もある用語さえ見られる。これまでに、レベルが標準以下の人を含め、かなりの数の翻訳者がこれに関わっていることは間違いない。そんな雑多な訳を、ろくにチェックも整理もせず全部ぶち込んだのだろう。こういうのを「味噌も糞も一緒」と云う。

 だが、しかし、本当の悪夢はここからだ。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : クライアント Trados 悪文 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-110.html edit

2013/07/01 23:58 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

緊急発進!

2012/10/10[水]《 翻訳屋稼業 》
 先の電話のあった日から3連休をはさんで5日間まったく仕事の依頼がなかった。6日目の今日の朝、「ひょっとしてレートを上げると云って安心させておいて、実は発注ストップということなのでは……」と疑心暗鬼になりかけていたところに取引先Aから連絡があった。例の化学会社の案件の次の原稿が入った、今度は11月中旬納期で約20万字、一両日中に発注できるよう目下準備中だが、ついてはその間のスケジュールを調整しておいてほしい、とのことだった。

 なるほど、そういうことだったのか。Trados の働き具合にもよるが、1ヶ月ちょっとで20万字は佐吉にはいっぱいいっぱいの数字だ。つまり、「スケジュールを調整しろ」とは「これから1ヶ月と少しのあいだ、他社の仕事を受けるな」ということだ。先のタイミングでレート上げの話があったのにはそういう含みがあったというわけだ。納得がいった。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント レート 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-82.html edit

2012/10/10 19:10 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

誤訳が多いのでレートを……上げます

2012/10/07[日]《 翻訳屋稼業 》
 先週の金曜、つまり、栃木に母校を訪ねた日の話。午前中、シャワーを浴びている間に取引先Aから携帯に着信があった。きっと次の仕事の依頼だろう、ならば同時にメールも送っているはずだ、と、シャワーを終えてすぐにPCを起動した。が、メールは届いていなかった。はて、どういうことだろう? 折り返し取引先Aに電話をかけてみた。すると、要件は次の仕事の依頼ではなく、先に納品した訳文の話だった。

 去年の1月から続いていた化学会社の大型プロジェクトが今年の春に終了し、5ヶ月ほど間を置いて8月にその第2期がスタートした。前回ほどではないが今回もまたかなりの量で、すでに3回に渡って原稿ベースで計6万字分の訳文を納品している。話というのはその先の納品分についてだった。コーディネーターさんの話によると、佐吉の訳文に重大な誤訳があったのだという。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント コーディネーター レート 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-81.html edit

2012/10/07 13:34 | Comment (4) | Site Map | Home | Page Top

翻訳屋、お褒めの言葉をいただくの巻

2012/06/28[木]《 翻訳屋稼業 》
 そんなわけで月曜は徹夜。一晩おいて昨夜も徹夜。今朝最後の訳文を納品して、先刻3時間ほどの仮眠から目覚めたところ。そうしてなんとか前に話した3つの案件が片付いたのだが、次の仕事はもうとっくに来ていて、来週頭までに原稿ベースで約2万7千字。これからその翻訳作業のための下準備だ。ちなみに昨日の午後、翻訳会社から様子伺いの電話があって、そこでコーディネーターさんに「この先まだまだ山ほどあります」とありがたい脅しを入れられたのだった。はあ…… (´д`)

 そんな折、ちょっとうれしいメッセージを受け取った。このあいだトライアルを経て受注し、納品したカタログ案件のクライアントからだ。クライアントの海外現地法人からであろうネイティブ・スピーカーによる評価が翻訳会社に伝えられ、さらに佐吉にも届けられたのである。文面はこう。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 コーディネーター クライアント トライアル 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-61.html edit

2012/06/28 12:19 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

乗りかかった船

2012/06/23[土]《 翻訳屋稼業 》
 そんなわけでトライアル案件は無事受注に成功し、思惑どおり佐吉にその依頼が回ってきた……のはいいのだが、よりによってこのタイミングで来るとはなぁ……。

 くだんの案件は、文字数が8千数百(原稿ベース)で納期は来週の火曜。ほかに抱えている仕事がなければ別段どうということのない量だが、前にも云ったとおり、今週末は取引先A、Bの案件を掛け持ちで、佐吉はすでにいっぱいいっぱい。そこへさらにこれだけの量を割り込ませるのは容易ではない。

この記事に含まれるタグ : 翻訳会社 クライアント トライアル 修羅場 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-60.html edit

2012/06/23 10:24 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。