翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : キーボード の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

Logicool G300

2014/03/14[金]《 PC・インターネット 》
上:新キーボード、下:旧キーボード 新しいキーボードはキー入力に関しては快適だったが、ひとつ困ったことがあった。その外形である。これまでのコンパクトタイプからフルサイズに変えたことによって、マウスが遠くなってしまったのだ。その差はわずかにマウス1個分から2個分なのだが、右腕を中途半端に伸ばした姿勢で操作する所為か、右クリックをする際、前腕内側の筋肉に妙な負荷がかかり、1日作業をするとこれまで以上に倦怠感を覚える。今のうちに何か対策を講じておきたい。佐吉は思案した。

 当然真っ先にキーボードを以前のものに戻すことを考えた。しかし、新しいキーボードもそれはそれで気に入っている。これをお蔵入りさせてしまうのは惜しい(そこそこ良いお値段だったし)。できれば他の方法で対処したい。佐吉は無い知恵を絞った。すると、ある突拍子もない考えが浮かんできた。マウスを左手で操作してはどうか、と思ったのだ。いや、むろん、すべてのマウス操作を利き手でない左手でこなすのは無理がある。しかし、マウスを2つにして、操作の一部だけでも左手に任せることができれば、その分右手の負担が減り、延いては右腕の疲労も軽減できるのではないか。佐吉はそう考えたのだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : キーボード マウス logicool 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-133.html edit

2014/03/14 12:45 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

新しいマシンがやってきた!(周辺機器編)

2014/03/02[日]《 PC・インターネット 》
 前回に続いて、佐吉のニューマシンの話。今回は周辺機器について。

キーボード

 今回いちばん悩んだのがこれ。翻訳屋にとってキーボードは、作業効率や疲労度に直接影響する最も重要なマンマシンインターフェース。キーボードを選ぶということは、野球選手がバットを選び、テニスプレーヤーがラケットを選ぶのと同じだ。冗談ではなく本当に三日三晩悩み抜いて、佐吉はニューマシンに合わせるキーボードを選んだ。

旧キーボード 厄介なのは、前のマシンを3年間使い続けた所為で、佐吉がその付属キーボードにすっかり慣れてしまっている、ということだった。前のキーボードは操作性よりデザインを重視したもので、キートップが完全にフラットなノートPCのような造りになっている(右図参照)。ちなみにメンブレン式で、ストロークは2mmと極端に短い。通常のデスクトップ用キーボードに慣れたユーザーなら思わず敬遠したくなるであろう特殊な仕様だが、上にも云ったように、佐吉はこいつに慣れてしまっている。

この記事に含まれるタグ : エプソンダイレクト キーボード マウス Logicool 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-132.html edit

2014/03/02 12:54 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。