翻訳屋佐吉の生活と意見関東を離れ、北陸に古民家を購入したとある翻訳屋の田舎暮らし事始めと日々のつれづれ。 


このページの記事目次 (タグ : さいたま の検索結果)

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


Page

スポンサーサイト

--/--/--[--]《 スポンサー広告 》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://countrytranslator.blog.fc2.com/?overture" target="_new edit

--/--/-- --:-- | Comment (-) | Site Map | Home | Page Top

くらきよりくらき道にぞ入りぬべき

2012/09/06[木]《 日記 》
《ここまでのあらすじ》

 佐吉は、某電機メーカーで機械設計と社内翻訳を経験したのち、2010年にフリーランス翻訳者に転身した。専門は電気・機械。それに加えてIT、化学、建築、土木などの案件を扱っている。また、フリーでの仕事を始めたのと同時期に家探しを始め、翌2011年、細君康文(生け花の雅号兼ハンドルネーム。「こうぶん」と読む)の故郷である富山県高岡市に古民家を購入した。以来、埼玉県さいたま市のマンションと高岡を往復しつつ、家のリフォームと新しい生活のための準備を進めてきた。

 2012年初夏。リフォームがひと通り完了し、新しい佐吉んちはようやく人が住める状態になった。ちなみに、それまで高岡ではずっと細君の実家に寝泊まりしていた。佐吉と康文は、雑事を片付けるため、そこで一旦さいたまに戻り、そのまま関東でこの夏を過ごし、一昨日、2ヶ月半ぶりにまた高岡を訪れた。関東と同様、北陸でも暑い日が続いていたが、秋の気配は日々確実にその色を濃くしていた。
 その日、さいたまを出たのは昼過ぎだった。車は康文が運転し、佐吉は助手席でノートPCを開いていた。仕事を2件抱えていたので、移動中に少しでも進めておきたかったのだ。とは云え、助手席での作業はすこぶる効率が悪い(後部座席は荷物で埋まっている)。約7時間の移動中、作業ができたのは正味でせいぜい1、2時間にすぎなかった。おまけに、ノートPCの画面は小さく、操作性は悪く、ネットへの接続は不安定。結局、車中での作業は気休め程度にしかならなかった。日が傾き始め、モニターが見づらくなる頃には、佐吉は早々に見切りをつけ、ノートを閉じたのだった。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま 栃木 佐吉んち 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-74.html edit

2012/09/06 12:40 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

THE ALFEE 3年ぶりの夏

2012/07/28[土]《 日記 》
 独身の頃は芝居やライブに足繁く通ったものだった。年に50回近く足を運んでいた時代もあった(歌舞伎座の昼の部・夜の部を毎月欠かさず観るだけでも年24回になる)。が、結婚してからはほとんど行かなくなった。かつてのように好き勝手に金を使うこともできなくなったし、歳の所為もあってか、チケット争奪戦も、電車で都内に出るのも、また、大勢の人間が集まる場所も、次第に億劫になっていった。今ではたまに細君の付き合いで出かけるくらいだ。

 細君は昔から THE ALFEE の熱烈なファンである。近くでコンサートがあれば、ほとんど必ず出かけてゆく。一方の佐吉は、正直なところ、アルフィーにそんなに思い入れはない。だが、それでも、毎年恒例の夏のイベントとクリスマスの武道館だけは一緒に行くことにしている(というか、なっている)。結婚以来、クリスマス・イブは武道館で過ごすのが佐吉んちの習わしだ。

この記事に含まれるタグ : アルフィー コンサート さいたま 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-67.html edit

2012/07/28 23:15 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

愉しからずや トライアル

2012/06/19[火]《 翻訳屋稼業 》
 佐吉んち@高岡に冷蔵庫と洗濯機が搬入されるのを見届けて、先週の土曜、雨の中を一旦さいたまへ帰還。近くこっちで細君康文が出展する生け花展があるのだ。

 去年の秋からずっとさいたまのマンションと高岡の細君の実家とを往復しつつ、むこうで暮らす準備を進めてきた佐吉たちだったが、家のリフォームもこれでひと通り完了。次に高岡へ行くときには実際にそこで暮らし始めることになる。もっとも、それは業者に任せていた作業が完了し、ひとまず人が住める状態になったというだけのことであって、そこを快適な暮らしの場にしていくためには、まだまだやるべきことが山ほどある。加えて、さいたまの今の自宅や栃木の実家に置いてある荷物の整理や引越しの手配、マンションの処分など、こっちでやるべきこともたくさんある。さいたまに戻ったからと云って、さほどのんびりできるわけではない。

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま クライアント トライアル 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-59.html edit

2012/06/19 23:47 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

日食、そしてさいたまへ

2012/05/21[月]《 日記 》
 ずっと迷っていた。一旦さいたまに戻らなければならないのだが、問題は、そう、日食だ。さいたまに戻れば金環日食が見られるが、ここ高岡では部分日食しか見られない。ところが、天気予報によると、その時間帯、太平洋側は雲が多く、一方で日本海側は晴れる確率が高いという。なまじ日食をどちらで見るか選択できるだけに、ここ数日、天気予報が気になって仕方がなかった。

 検討に検討を(?)重ねた結果、こっち(高岡)で日食を見てからさいたまに戻ることにした。今朝6時過ぎに起きると、天気は思ったとおり快晴。昨夜は細君や義母と近所の見晴らしの良さそうな場所で見ようかなどと話していたのだが、細君の実家の2階からまったく問題なく見ることができた。なので、結局そのまま家の中から観察した。

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-53.html edit

2012/05/21 10:39 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top

心機一転

2012/05/11[金]《 日記 》
 今日、はじめてこっち(高岡)で髪を切った。さんざん迷った末のことだった。

 家のリフォームやその他もろもろの引越し準備のため佐吉たちが高岡に来たのは2月の半ば。その時点ですでに佐吉の髪は「そろそろ切ったほうがいいかな?」というくらいの長さだったのだが、当初は3月末に一旦戻る予定だったので、散髪はさいたまに帰ってから行きつけの理髪店でするつもりでいた。合わせて、10年以上世話になった理髪店のご夫婦に引越しの挨拶もしておきたかった。ところが何かと予定通りに進まないことが多く、佐吉は今に至るも細君の実家に滞在している。

 もちろん挨拶は別の機会にすることにして早々にこっちで髪を切ることもできた。だが、いずれはそうなるにせよ、まだどの店が良いのかわからないし、また、どこを選んだにしても、はじめての店で散髪するにはそれなりに勇気が要る。いきおい行くのが億劫で、気がつけば髪を伸ばしたままそれから1ヶ月が経っていた。佐吉の髪は今やロン毛と呼べるほどになっていた。いくら人と会う機会の少ない在宅フリーランスとはいえ、さすがにこれ以上放置しておくのは気が引けた。

この記事に含まれるタグ : 高岡 さいたま 自分語り 

http://countrytranslator.blog.fc2.com/blog-entry-50.html edit

2012/05/11 23:47 | Comment (0) | Site Map | Home | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。